ナツメ / サネブトナツメ (クロウメモドキ科)

ナツメ 生薬名:タイソウ( 大棗 ) [ 局 ] 用途:漢方薬・食品
ナツメ( 棗 )は中国から西アジアにかけてが原産地とされる落葉高木です。日本には中国から入りましたが、古くから、果実を食用や薬用にする目的で栽培されました。 万葉集にナツメを詠み込んだ和歌があることから、渡来時期は奈良時代以前とみられています。

葉は互生で葉柄は短く、葉身は卵円形から長卵形、先は鋭頭鈍頭が混在します。縁には細かい鋸歯があり、左右非対称気味で、質はやや硬く、光沢があって主脈と側脈の3本が目立ちます。 花期は6月頃、新しい小枝の葉腋に、花径5mmほどの小さな花を数個ずつつけます。黄緑色の三角形の部分は、花弁ではなくガク片に相当します。 実際の花弁は、ガク片の間にある、小さなさじ状の部分(画像 B 参照)です。 雄しべは5本あって花弁と重なってつき、ガク片と対生するのが、クロウメモドキ科の特徴です。
果実は長さ2cm程度の長卵形で、はじめは淡緑色、10〜11月に暗紅色に熟します。中には核果があって2個の種子が入っています。 核果は卵形〜長楕円形で、先端は鋭く尖り、不規則な縦の溝があります。

果実は、生食や、干したものを菓子材料などに使われます。ナツメを使う薬膳料理として、韓国料理のサムゲタンが良く知られています(中国料理起源説もある)。 生薬としては、秋に採取した実を、湯通しまたは蒸した後に陽乾( 太陽にあてて乾燥すること )したものを使用します。生薬名は、ナツメの原種であるサネブトナツメよりも大きな棗なので大棗(たいそう)といいます。 強い抗アレルギー作用があり、漢方薬では、生姜(ショウキョウ) と組み合わせて、副作用の緩和を目的とする処方例が多数あります。
また、葉には味覚修飾物質 ※1の ジジフィン Ziziphin が含まれています。ジジフィンは、味蕾の甘味受容体に影響して、一時的に甘みを感じにくくさせる働きがあります。

和名は、他の樹木よりも芽の出るのが遅く、夏(初夏)になってから芽を出すので、夏芽(ナツメ) ※2の名前になりました。 英語名の Chinese date(中国のナツメヤシ)は、ヤシ科のナツメヤシの果実に似ることから。 属名の Ziziphus は、ナツメのギリシャ名から。種小名 jujuba は、ナツメのアラビア名。変種名の inermis は、刺針のない の意味。

※1 味覚修飾物質 : 他には、甘みを感じなくするギムネマや、酸味を甘みに感じるミラクルフルーツなどがある。 いづれも一時的な作用で、成分そのものを変化させるわけではない。
※2 夏芽 : 他に夏梅(なつうめ)からナツメになった説などもある。
ナツメ Zizyphus jujuba Mill.var.inermis Rehder 撮影・東京都薬用植物園、他

サネブトナツメ(核太棗) 生薬名:サンソウニン( 酸棗仁 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

サネブトナツメは、ナツメの原種で、ヨーロッパから中国にかけて分布する落葉小高木です。 全体的な印象はナツメに似ていますが、葉腋には托葉が変化した刺がついています。変種名 spinosa は、とげが多いという意味。 ナツメと同じころ、黄緑色の小さな花を葉腋につけます。 花弁に見える大きい部分はガク片、その間で雄しべと重なってガク片と対生になっている さじ状の部分が花弁です。

果実はナツメより小さく、そのサイズの割に、核果が大きくなっています(画像 @ 参照)。 和名のサネブトナツメ( 核太棗 )は、(果実と比較して)核果が大きいナツメとしてつけられています。
果肉は少なく、薬用には、核果の中にある種子を利用します。生薬名は、果肉に酸味がありることから、酸っぱいナツメの種子(仁)ということで、酸棗仁(さんそうにん)。 鎮静作用や催眠作用があり、神経性の不眠症などを目的とした漢方処方に配合されます。

以上は、内容に誤って記載した部分や不備があったので、書き直しました。2015.02.20.
2013.03.New-2015.02.20.Re 
サネブトナツメ( 核太棗 )Zizyphus jujuba Mill.var.spinosa Hu ex H.F.Chow 撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ