ツルレイシ 別名 ニガウリ (ウリ科)

名前は知っていても、ずうっと食べなかったニガウリ。付き合いで行った小さな飲み屋で頼んだのが、ミミガーとゴーヤーチャンプルー。 以来、つまみ用のゴーヤーサラダを作るために買ってくることも・・・

標準和名 ツルレイシは、熱帯アジア原産のつる性の一年生草本です。 つるの長さは 5m程になり、太いつるには毛が密生します。葉は掌状に深裂し、裂片には粗い鋸歯があります。花期は7月から9月、葉腋に雌雄異花をつけ、花柄には心形の托葉がつきます。 花径は2cm程度、花弁は黄色く、花冠は5裂して平開します。果実は細長い紡錘型で、果皮は全体にイボ状の細かな隆起があります。未熟な果実は緑色、熟すと橙色に変わり柔らかくなり、開裂します。

未熟な果実を、食用とします。苦味故に好き嫌いもありますが、ビタミンCが豊富で、苦味が胃に良いとしての人気もあります。焙煎して、お茶としても利用されます。 熟した果実も食べることができ、種子の周りにつく赤い仮種皮が甘くなります。
比較的簡単に実るので、家庭菜園でも良く植えられています。近年では、エコの観点から日除けのための緑のカーテンとして栽培されることも多くなりました。
ツルレイシ 別名 ニガウリ 東京都薬用植物園
Momordica charantia L.
和名 ツルレイシ は、つる性で、レイシのような果実の外観と仮種皮が甘くなることを重ねあわせての命名です。 ゴーヤーは沖縄の地方名、別名のニガウリは、果実に苦味があるところから呼ばれます。沖縄の料理で知られる様になったせいか、地方名や別名の方が、標準和名よりも認知度が高いようです。 中国語は 苦瓜、英名も同じ意味の bitter melon です。
属名の Momordica は、mordeo かじる、咬む を元にした名前で、種子にかじったような不規則な凹凸があることからつけられました。種小名 charantia は、ツルレイシのインド名由来とされます。

 レイシ :  ムクロジ科レイシ属の果樹で、中国原産の一属一種。一般的には、ライチの名の方が知られているか。

2004.09.New-2012.04-2015.03.03.Re
このページのトップへ↑