ノイバラ / テリハノイバラ / ドッグ・ローズ バラ科

ノイバラ 生薬名:エイジツ( 営実 )[ 局 ] 用途:漢方薬

イバラは、トゲのある低木の総称です。ノイバラ(野茨、野薔薇)は、野にあるイバラを代表するようなバラで、日本の山野に普通に見られる落葉低木です。 高さは2m程度、葉は、奇数羽状複葉で互生、小葉は卵形で鋸歯があり先は尖ります。5月頃、普通は白色の5弁花を、たくさん咲かせます。

11月頃に、赤〜暗褐色の楕円球形の実(偽果)をつけます。偽果を乾燥させたものが生薬のエイジツで、強い瀉下作用があり、緩下剤に配合する製薬原料として用いられています。 また、利尿作用もあるため、腎臓疾患に使われてこともあるようです。

ノイバラは、観賞用としてはあまり評価されず、自生は刺のために嫌われる傾向があります。 しかし、花が多いために品種の創出に利用されたり、丈夫であることから園芸種の台木として利用されたりしています。
属名 Rosa は、バラのラテン名で、元々は赤色を示す言葉に由来する名称。種小名 multiflora は、花の多い、多花の。
ノイバラ Rosa multiflora Thunb. 撮影・つくば実験植物園、他

テリハノイバラ

テリハノイバラは、日本では北海道を除いて自生する落葉低木で、日当たりのよい河原や海岸近くに多くあります。名前は、葉の表に光沢があることから、照葉野茨。 ほふく性(茎が地面を這って伸びる)であるため、丈は高くならず、花はノイバラよりも大きくなりますが、数はあまりつきません。

園芸品種の創出に利用され、特にツルバラの系統では実績があります。
種小名 wichuraiana は、人名由来。


テリハノイバラ 撮影・東京都薬用植物園
Rosa wichuraiana Crep.

ロサ・カニナ ローズヒップ 用途:茶剤・民間薬

ローズヒップ(rose hip)とはバラ属の果実(偽果)のことで、主に Rosa caninaが使用されています。 普通、赤やオレンジ色の紡錘形で、ビタミンCを多く含みジャムなどにもされます。乾燥させたものをハーブティーとして飲用される他、ヨーロッパでは民間薬として使われることもありました。
種小名 caninus は、犬の、極めて普通の の意味。別名 ドッグローズ。

2006.05.New-2014.01.Re
ロサ・カニナ Rosa canina  撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ↑