サンザシ / オオミサンザシ  ( バラ科 )

サンザシオオミサンザシ 生薬名:サンザシ(山査子) [ 局 ] 用途:漢方薬

サンザシ 山査子 は、中国原産といわれ、江戸時代に薬用として移入された落葉低木です。 生薬名は、査子 ※1 に似て、山にあるので山査子。和名は、この生薬名にそのまま音を当てたものです。

葉は互生で倒卵形、上部で浅く 3〜5裂します。葉縁には粗い鋸歯があり、基部はクサビ形、葉腋には刺がつきます。花期は4〜5月で、若い葉の展開とともに、散房花序に白い5弁花をつけます。 花弁は歪んだ楕円形で、縁には不規則な小突起による凹凸があります。ガク片は明るい緑色で5個、めしべは4〜6本、おしべは20本程度あり、開花直後の葯は淡紅色をして、後に濃茶色になります。

果実は偽果で、直径15mm程度の球形、長い果柄の先につき、頭頂部にはガク片が宿存します。 初め緑色、9〜10月に熟し、暗赤色や黄褐色になるナシ状果 ※2です。
属名 Crataegus は、力・持つという言葉からなり、材質が堅いことからつけられたとされます。種小名 cuneata は、クサビ形の。

※1 査子 : サシ、中国名の音読み。クサボケの実のことで、査は正しくは木へんに査。
※2 ナシ状果 : 子房ではない部分が肥大する偽果のひとつ。 リンゴやナシなど、花托の肥大した部分を食用とし、芯と呼ばれる部分が本来の果実にあたるタイプをいう。
サンザシ Crataegus cuneata Sieb.et Zucc.撮影・東京都薬用植物園 Crataegus sp 疑義あり変更 2013.04.

オオサンザシの変種 オオミサンザシ 大実山査子 は、樹高6〜7m前後になる落葉高木です。 もともと中国の山査子という生薬名は、サンザシではなく本種の偽果を指していたとされます。和名は、大型の実がなることから。

葉は互生で葉柄があり、葉縁には粗い鋸歯があります。 葉身は10〜12cm内外、羽状形に3〜4回浅中裂しますが、裂片の多くは非相称になります。 花期や花の形状は、サンザシに類似しますが、ひとつの茎頂につく花数は、オオミサンザシの方が多くなります。
偽果は径20〜25mm程度、やはり長い果柄の先につき、ガク片の基部が残存します。偽果は暗赤色で、一面に褐色の小さな斑点があり、サンザシの滑らか表面とは異なります。
種小名 pinnatifida は、羽状中裂の。変種名 major は、巨大な、より大きい の意味。

生薬のサンザシは、サンザシやオオミサンザシの実を乾燥したものです。ビタミンCなどを含み、収斂の作用があり、漢方では、消化薬の補助や止瀉などを目的として配合されます。 食用としては、加工してドライフルーツにしたり、菓子や料理に、また果実酒の材料として使われます。花や特に果実を観賞用に、庭木としても利用されます。
オオミサンザシ Crataegus pinatifida Bunge var.major N.E.Brown


セイヨウサンザシ 使用部位:葉・花  用途:ハーブなど

この項は、同名異種があり、また植物の特徴が記載できないため、参考としての掲載です

セイヨウサンザシは、ヨーロッパからアフリカ北部にある落葉低高木です。 ヨーロッパでは、サンザシ属は昔から春の花木として栽培され、品種も創出されています。また、長い間、心臓によいハーブとして、葉・花・実が使われてきました。 近年、葉と花のエキスは、一部の軽度の心疾患に対して、効果があるという評価がされています。

セイヨウサンザシには、しばしば Crataegus laevigata( syn. C.oxyacantha )の学名があげられます。 果実は直径10mmほどで、心疾患の他に、消化不良に利用されました。 同時に Crataegus monogyna も、薬用に利用されるとして併記されることがあります。こちらの和名もセイヨウサンザシという同名で呼ばれます。

2002.12.New-2012.11.-2015.02.27.Re
サンザシ属 種不明 Crataegus sp
このページのトップへ↑