トウガン (ウリ科)

トウガン 生薬名:トウガシ(冬瓜子) [ 局 ] 用途:漢方薬・食用

トウガンは、熱帯アジア原産、1属1種のつる性一年草で、アジアでは、熱帯から温帯まで広く分布しています。 果実を食用とするために、日本でも平安時代から加毛宇利(カモウリ)の名で栽培していたとされます。

葉は、心形で掌状に浅〜深裂します。花期は初夏から盛夏、雌雄異花で、花弁は黄色、花冠は5裂します。全体に細毛がみられ、特に茎や花弁には密生します。 果実は、短径20cm長径50cm前後の楕円体で、夏に収穫し、煮物などに利用します。熟すと果実の表面には、白い蝋状成分が分泌され、白い粉に被われます。
薬用には、種子を利用します。生薬名を冬瓜子(トウガシ)などといい、鎮咳、去痰、利尿などを目的に漢方薬に処方されます。

蝋状成分 :  bloom(ブルーム、果粉)といい、果実の水分蒸発を防ぐ。ブルームをださないので、白くならない品種もある。

トウガンの名称は「冬瓜」を音読みした「トウガ」が訛ったという説、中国での呼称が訛ったという説があります。 「冬瓜」の名称は、果実をそのまま冷所に保存すると、冬まで置けるからという説がります。他にも、冬にかけて実るものが品質が良いからとする説、果実表面の白い蝋状の成分を雪に見立てたとする説もあります。 属名 Benincasa は人名由来。種小名 cerifera は、ロウを生じるもの、シノニムの hispida は、剛毛のある、粗い毛のの意味。

2014.11.15.New
トウガン Benincasa cerifera Savi syn.Benincasa hispida Cogn. 撮影地:東京都薬用植物園
このページのトップへ