ウメ ( バラ科 アンズ属←スモモ属)

 ウ メ  生薬名:ウバイ(烏梅) [ 局外 ] 用途:漢方薬・食品

ウメは、中国原産の落葉小高木で、日本には古い時代(弥生時代頃)に入ってきたと見られています。 果実を食料として利用する他に、観賞用としても長く栽培され、多くの品種があります。
葉は、倒卵形で互生し、先は尖り、縁には細かい鋸歯があります。葉に先立って、2〜3月ごろ、芳香のあるほとんど無柄の花を開きます。 普通は白の5弁花ですが、赤色や八重の品種もあり、花の時期には、梅の名所は観梅の人々で賑わうのが恒例になっています。

果実は有毛で球形に近く、片側に縦に浅い溝があります。未熟な果実・青梅は、青酸配糖体のアミグダリンを含み、特に核果のなかの種子(仁)には多く含まれています。 相当量を摂取した場合は中毒をおこし、嘔吐、下痢などの症状が現れ、多量の場合は、けいれんなどをおこし危険な状態になることもあります。 そのため普通は生食は避け、梅干しに代表される加工食品として利用されています。他に、果実を焼酎につけた梅酒も、身体に良いといわれて人気があります。
薬用には、6月頃の未熟な果実を燻製にしたものを利用します。その烏(からす)のように黒い色から、烏梅(ウバイ)といい、鎮咳、去痰、止寫などに使われました。 また、烏梅に多く含まれるクエン酸を利用して、ベニバナの染色の際に媒染剤にされたこともあります。

 媒染剤 : 通常、染液につけただけでは色は安定しない。色素と他の成分を化学反応させて固定(固着)するが、このとき使用する成分を媒染剤という。

和名は、漢名の 梅 (mei、マイまたはメイ)が伝わり、ムメと呼ばれたとする説が有力で、後に転化して、ウメとなったとされます。種小名 mume は、江戸時代に呼ばれていたムメ からつけられています。 他にも、生薬名の烏梅 (wumei) の転訛、熟む実からの転訛などの諸説もあります。紅梅の変種名 purpurea は、紫色の の意味。

2005.02.New-2012.11.-20115.02.22.Re
ウメ Armeniaca mume
syn. Prunus mume Sieb.et Zucc.
紅梅 Armeniaca mume var.purpurea
syn. Prunus mume var.purpurea Makino

撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ↑