ワレモコウ  吾木香・吾亦紅 / ナガボノシロワレモコウ バラ科

ワレモコウ 生薬名:チユ( 地楡 ) 用途:民間薬

ワレモコウは、日当たりの良い山野に生える多年草で、茎は直立して上部で枝分かれします。草丈は、50〜100cm程度。 葉は、奇数羽状複葉で、小葉の先端はやや丸みを帯びています。
8〜10月に楕円形の花穂に暗紅紫色の花をつけます。花弁はなく、4裂したガク片、葯の黒い雄しべ4本があります。 花穂の上から下へ咲き、開花中のガク片は白、後に暗紅紫色に変わります。やや地味な色合いから茶花としても人気があります。

ワレモコウの根茎を干したものは、生薬名・チユ(地楡)といい、タンニンやサポニンを含み、収れんの作用があります。 民間薬の領域で、煎液を草によるかぶれや、止血などに使用しました。
属名 Sanguisorba は、sanguis 血 sorbere 吸収するの合成語で、チユの止血効果からつけられたと見られます。

ワレモコウの名前・・吾木香
根が木香に似ているので、わが国の木香の意味で、吾木香。しかし「木香」のような香りはありません。

ワレモコウ  Sanguisorba officinalis L. 撮影地・箱根湿生花園
ワレモコウの名前・・吾亦紅
昔々、赤い花を摘んでくるようにいわれた女性が、野の花を摘み終えて帰ろうとしたとき「吾も亦(また)紅(こう)」と訴えた花がありました。 以来、その花はワレモコウ(吾亦紅)と呼ばれるようになったとさ。・・・という説。

ナガボノシロワレモコウ(長穂の白吾木香)

関東以北の湿地に生える多年草で、長い花穂が垂れ下がります。また、 おしべがガクより長く外に伸びだします。 種小名の tenuifolia は、tenuis 薄い細いとfolium 葉で、薄い葉の意味。変種名の albaは、白いの意。

2004.10.New-2012.10.Re
ワレモコウの名前・・割木瓜
割れ目を入れた木瓜紋(もっこうもん)が、ワレモコウの小花の形に似ているからという説。
ナガボノシロワレモコウ
Sanguisorba tenuifolia var.alba 撮影地・箱根湿生花園
このページのトップへ↑