アサガオ  ヒルガオ科

アサガオ 生薬名:ケンゴシ(牽牛子) [ 局 ] 用途:主に製造原料

アサガオは、つる性の一年草で、元々は薬用として中国から入ってきたものです。 奈良時代末(平安時代ともいわれる)に遣唐使が持ち帰ったとする説、朝鮮半島経由で来たとする説などがあり、正確な時期や経路は不明です。 古典的園芸植物として人気があり、江戸時代には多くの朝顔が創出されました。

つる性の茎は、長さ2〜3mになり、葉は互生、葉身は広卵形で基部は心形、先は中三裂します。葉柄があり、全体に細毛があるので、触るとザラつきます。 花は5つの花弁が合着していて、先端は開平するので、花冠全体ではロ−ト状になります。がく片、雄しべは各5個、めしべは1個、子房は3心皮で3室あります。 他の Ipomoea 属(サツマイモ属)の子房は、2心皮であるため、アサガオを別属として Pharbitis 属が提唱されました。 しかし、Pharbitis 属としているのは少数派で、世界的には Ipomoea nil とされています。

種子は、生薬名を 牽牛子といい、利尿、 緩下の目的で製薬原料に利用されています。 種子には、黒褐色や黄褐色がありますが、色による効果の差はないとされます。 薬用成分 ファルビチン は、水に溶けないので、粉末の状態で用いられます。効果は、穏やかな意味合いの緩下ではなく、強い作用があるため、体力の衰えている人や妊婦への使用は注意が必要です。

生薬名 牽牛子の読みは、ケン”ギュウ”シではなくケン”ゴ”シ。昔、王の病気をアサガオの種子で治し、謝礼に牛をもらったという話から、牛を牽(ひ)く力があるとして名づけられました。子(シ)は、種子や果実のこと。 属名の Ipomoea は、芋虫に似た の意味で、つるが絡み付いてよじ登る様子を芋虫に例えた名前です。種小名 nil は、藍色 の意味。もうひとつの属名 Pharbitis は、色の意味とみられています。多様な花の色があることから。

2004.07.New-2012.04.-2015.05.07.Re
アサガオ Ipomoea nil (L.)Roth / syn. Pharbitis nil Choisy 撮影・東京都薬用植物園、他