ベラドンナ ナス科

ベラドンナ 生薬名:ベラドンナ根  [ 局 ] 有毒 用途:製造原料

ベラドンナは、ヨーロッパや西アジアに自生する多年草で、やや日陰を好みます。葉は互生で、卵形、全縁、先が尖ります。 花は暗紫色の釣鐘状をしており、秋には艶やかな黒い実をつけます。全草が有毒ですが、特に根と根茎の毒性が強く、医療用成分(副交感神経遮断薬)の製造原料にされています。

属名 Atropa は、ギリシャ神話で寿命の長さを決めて糸を切る女神 Atropos から。種小名は、ベッラ bella (美しい)とドンナ donna (貴婦人に対する敬称)が合わさったもので、美しい婦人を意味します。 その昔、欧州の女性がベラドンナの成分を薄めて使い、瞳孔を拡大させて瞳を大きく美しく見せようとしたことに由来します。
この危険な美容法が、現在では、医療の分野において利用されています。

ベラドンナ根は、ヒヨスチアミン hyoscyamine やスコポラミン scopolamine (ヒヨスチン hyoscine ともいう)、アトロピン atropinenなどのアルカロイドを含んでいます。 アトロピンは、副交感神経を抑制して、鎮痛や瞳孔を拡大させる作用があります。眼科の診療で、眼底の検査を行うために瞳孔を開かせる点眼薬は、このアトロピンを原料にして製造されています。

類似生薬 ハシリドコロチョウセンアサガオ

2004.12.New-2012.11.Re
ベラドンナ Atropa belladonna L.別名:オオカミナスビ 撮影・東京都薬用植物園