コーヒーノキ (アカネ科)
コーヒーノキ(コーヒーの木)は、熱帯地域の低木で、栽培には3つの原種が利用されています。 一番多く栽培されているのが アラビカ種 Coffea arabica で、生産量の約80%にあたります。 残りが低地で栽培できるカネフォラ種 C.canephora(ロブスタ種 C.robusta)で、世界で流通するコーヒー豆のほとんど全部をこの2種で占めています。 原種のひとつ リベリカ種(リベリアコーヒー) C.liberica の生産量は、ごく少量で生産地内で消費されています。
コーヒーノキアラビカ種 Coffea arabica L. 撮影・東京都薬用植物園
コーヒーノキ(アラビカ種:アラビアコーヒー)は、エチオピア原産とみられ、樹高は4〜5mになります。 自生地は高度1500〜2000m付近にあり、非熱帯性の植物です。病害虫にやや弱く、霜が降りるような低温では地上部が枯れることがあります。 葉は、長楕円形からやや倒卵形で先鋭、表面は主脈側脈部分が凹み、濃い緑色で艶があります。裏面は明るい緑色。花は葉腋にまとまってつき、花弁は白色です。

果実は楕円体で、開花後8ケ月ほどで赤熟します。熟した果実は、色と形からコーヒーチェリーとも呼ばれます。 果実には、普通2個の種子が入っていて、硬いパーチメントと呼ばれる種皮に包まれています。

右画像説明 ※アラビカ種とみられる栽培品による
 上 ・ 赤熟した果実 コーヒーチェリー
 中 ・ 種子と種皮(パーチメント)
 下 ・ 発芽後60日の幼木、正面の丸い葉は子葉。


種子を乾燥したものをコーヒーの生豆とかグリーンコーヒーといいます。焙煎(ばいせん:ロースト)して初めてコーヒー特有の香りがでてきます。 アラビカ種は、香りとやや酸味のあるのが特徴で、レギュラーコーヒーは、アラビカ種を使用するのが一般的です。

コーヒーに含まれるカフェインには、飲用すると軽い興奮作用や利尿作用があり、集中力を高めるといった働きもあるとされています。 またカフェインには覚醒作用や解熱鎮痛作用があることから、医薬品として眠気の防止、倦怠感の除去などを目的に滋養強壮ドリンクや風邪薬などに配合使用されています。

 カフェイン : コーヒーの成分として知られるが、他の飲料にも含まれている。 紅茶には、コーヒーの半分、煎茶には1/3程度含まれる。
アラビカ種の病気

コーヒーには、さび病という病気があります。1860年代に発生したさび病は、南米では防ぐことができましたが、アジアでは壊滅的な打撃を受けました。 これにより、コーヒーが全滅したスリランカは、茶の栽培に替わりました。インドネシアでは病害虫に強い品種でブレンド用に使われるカネフォラ種(ロブスタ種)の栽培が始まりました。
現在では、アジアでも病気に強い品種の栽培が行われています。
ベンガルコーヒー 撮影・東京都薬用植物園
Coffea bengalensis
2013.09.New ベンガルコーヒーは、品質は劣りますが、飲用できます。
このページのトップへ