ジギタリスケジギタリス  APG オオバコ科 新エングラー ゴマノハグサ科
ジギタリス 有毒 用途:鑑賞
ジギタリスは、ヨーロッパ原産で、草丈50cm〜150cmの2年生または多年生の草本です。 1年目は根生葉だけで、2年目以降に、枝別れしない茎を直立させます。茎の葉は互生、葉柄があり、葉身はやや卵形の長楕円形で、葉脈が網目状に目立ちます。 葉はムラサキ科のヒレハリソウ(コンフリー)と良く似ていますが、ジギタリスの葉は、苦みがあるので生葉を噛めば容易に区別 ※1ができます。

※1 区別 : ジギタリスに含まれるジギトキシンは有毒なので飲み込まないこと。 従来、食用可とされていたヒレハリソウとの誤食事故もある。 中毒症状は、嘔吐、不整脈、頭痛などで、心臓停止による死亡事例もある。 また、ヒレハリソウの含有するピロリジジンアルカロイドも健康被害を起こす恐れがあると厚生労働省の安全情報がでているので、やはり飲み込まないこと。

花期は 5〜7月ごろ、直立した茎頂に総状花序をつけます。 釣鐘状の花が斜め下向きに咲き、下唇に斑点模様があります。種小名 purpurea は紫を意味しますが、花が白やピンクの園芸品種もあります。 花の形から、手袋や指に関連した呼称が多く、属名 ジギタリス Digitalis も、指を意味する digitus から。 また毒性があることからか、西欧では不吉な印象の呼び名※2も多くあります。 和名 キツネノテブクロは、英名は Fox Glove の直訳によるものです。

※2 ジギタリスの別名 : 主に右サイト参考 http://botanical.com/botanical/mgmh/f/foxglo30.html
● 狐の手袋 Fox Glove 悪戯な妖精が、キツネにジギタリスの花を履いて歩くと足音がしないと教えた。
   以来、キツネは、足音を立てずに鶏小屋に忍び込むことができるようになったという言い伝えから。
● 妖精の手袋 Fairy's Glove 妖精がキツネの足音で休むことができずに困り、ジギタリスを履かせて足音を消した。 
● 魔女の手袋 Witches' Gloves、処女の手袋 Virgin's Glove、妖精のキャップ Fairy Caps、死者のベル Dead Men's Bells
  妖精の指貫 Fairy Thimbles、血だらけの指 Bloody Fingers、聖母マリアの手袋 Gloves of Our Lady など


ジギタリスの薬効は、英国のウイリアム・ウィザーリングによって見出され、1776年に発表されました。 民間療法のいわゆる魔女の秘薬といわれるものに科学的考察を加えて、強心作用があることをつきとめました。 以来、長い間、うっ血性心不全の特効薬とされ、当初は乾燥した葉を、後には合成された成分が使われました。 しかし、成分の ジギトキシン digitoxin は、体内残留時間が長いため、体内の濃度の調節が難しいこと。 有効量と使用可能な量の上限・極量との幅が少ないことなどで、日本薬局方の収載から削除 ※3 され、生薬としての利用はなくなりました。

※3 削除 : 生薬としては利用できないが、(以下、訂正)成分は医薬品として用いられる。
ジギタリス Digitalis purpurea L. ケジギタリス Digitalis lanata Ehrh.


撮影・東京都薬用植物園

ケジギタリス 生薬名:* * * [ 局 ] 有毒 用途:製造原料

初めケジギタリスは、ジギタリスの類似生薬の位置づけでした。 ジギタリスの成分では障害となっていた体内残留性について、 ケジギタリスから得られる成分は、吸収されやすく排泄も速いということで、重要な位置にあります。 生薬としての利用はなく、強心利尿薬 ジゴキシン digoxin などの製造原料とされます。

和名は、ジギタリスの近縁種で、茎や花に綿毛が目立つことからつけられました。種小名 lanata は、軟毛のあるの意。ヨーロッパ原産で、草丈はジギタリスよりも小さく、50〜100cmほどです。 葉は互生で幅は狭く針形(に近い)。花冠はジギタリスよりも小さく、花の色は淡い褐色に褐色の網目模様が入ります。花冠下唇は白色で、伸びだし垂れ下がります。 水はけの良い場所を好みます。

2003.08.New-2013.01.Re
このページのトップへ