ガガイモ (ガガイモ科)
APG分類(キョウチクトウ科)
ガガイモは、つる性の多年草で地下茎で繁殖します。葉は細長いハート型で対生、表面はやや光沢があります。 傷をつけると、切り口からは白い乳液がでます。

花期は、7〜8月。葉腋からでる花茎の先に、淡紫色の花をまとめてつけます。花冠は5裂して内側に毛を密生させ、5本の雄しべは雌しべと合着してずい(蕊)柱という形になります。 ずい柱は乳液とあわせてこのグループの特徴で、判別するときのポイントとなります。
花冠の中央に伸びているめしべのようなものは飾りで、柱頭は、花の内部の雌しべの側面にあります。

果実にはイボ状の突起があって、長さは約10cmあり、熟すと縦に裂けて種を飛ばします。種子は翼があって平たく、長い種髪がついていて、風を受けるとよく飛びます。 昔は、この種髪を朱肉として使用したそうです。
全草、特に根が有毒で、誤食をすると嘔吐します。民間薬レベルで(種子を※1)強精剤としたようですが、効果は不明です。
ガガイモ Metaplexis japonica (Thunb.) Makino 撮影・東京都薬用植物園、他
ガガイモは古事記にも登場します。

----- 天羅摩船※2に乗って、小さな神様が来た。 名前は、スクナビコナ(少名毘古那)※3。 オオクニヌシ(大国主)の国造りを手伝い、後に常世国に去った。-----というものです。

確かに半分に割るとカヌーのような形をしています。「羅摩」が、ガガイモのことです。
日本で最初に書物に登場したガガイモですが、2006年に雄花の存在の発見がありました。また、花粉を運ぶ昆虫についても従来の説とは異なる内容が確認されています。
※1
使用部位、使用方法は未確認。

※2
あまのらまのふね
あまのかがみのふね


※3
スクナヒコ・少名彦
スクナヒコナ・少名彦名
という記述もある。


2008.12-2012.04.Re
このページのトップへ