ゴマ (ゴマ科)

ゴマ 生薬名:ゴマ油 [ 局 ] 用途:軟膏基剤、主に食用

ゴマは、アフリカ原産で、インドに伝播したとみられています。 日本には中国西域の胡を経由※1して入ったとされ、胡麻(ゴマ)の名前になりました。 生長後は乾燥には強く、逆に湿害に弱いという性質があります。 栽培される一年草で、草丈は、普通1m程になり、葉は互生し、葉柄があります。下部の葉身は荒い鈍鋸歯のある卵形、上部は長楕円形で縁は波打ちます。

7〜8月ごろに茎の上部の葉腋に白から薄紫色の花をつけます。花は、長さ2.5cm程度の釣鐘型で、先は浅く5裂し、花冠下部の列片は唇弁になります。 おしべは、長いものと短いもの各2本づつの計4本、めしべは1本あります。秋には、多数の種子が入った円柱状の実が熟します。

ゴマは、古くから種子を食用として、また圧搾して得られる油を食用や灯明用などにも利用してきました。医薬品としても、脂肪油を軟膏の基剤として利用しています。 種皮の色によって、黒ゴマ、白ゴマ、金(茶、黄)ゴマがあり、成分の差はほとんどないようですが、白ゴマは黒ゴマよりも油分が多いとされます。 種皮が硬いため、そのままでは食用に向かず、炒ったものを利用しています。

日本では、ほとんどを輸入に頼っており、自家消費を除くと国内生産は鹿児島県の喜界島でわずかに行われる程度となっています。 脱粒する性質※2があるため、喜界島では手作業で刈り取り、立てた状態で乾燥後、逆さにして棒でたたいて種子を落とし収穫します。

※1 胡(シルクロード)を経由してきたとして、「胡」の文字がつくものには、他に コショウ(胡椒)、キュウリ(胡瓜)などがある。
※2 脱粒しない品種も開発されている。

2013.10.1.New
ゴマ Sesamum indicum L. 撮影 東京都薬用植物園、他
このページのトップへ