<
ハッカ (シソ科)

ハッカ 生薬名: 用途:製造原料
ハッカは、ヨ−ロッパ原産で、草丈30cm程度。全草に芳香があり、葉は、短い柄があり対生します。 葉身は長楕円形で、鋸歯があり、先は尖ります。夏から秋にかけて、茎の上部の葉腋に、小さな唇形花をつけ、花は茎を取り囲み咲きます。

ハッカは、メントールなどの精油成分を含み、爽快感があり菓子やハーブティーなどに利用されています。
薬用には、解熱、発汗、芳香性健胃を目的に漢方に処方されます。また、メント−ルは、皮膚に塗ると冷たく感じるため、冷感タイプの外用薬にも使用されています。
日本のハッカ生産量は世界一の時期もありましたが、現在は合成のメントールが使用されているため従来の需要はなくなっています。

ミント各種
ハッカの仲間はハーブや香料として利用されます。交配し易く、非常に多くの品種があります。
スペアミントは、葉が槍の穂先 spearに似ていることから。別名、オランダハッカ、ミドリハッカ。
ペパーミントは、スペアミントの交配種と見られています。別名、コショウハッカ、セイヨウハッカ。

20013.08.New

ハッカ Mentha arvensis var. piperascens
 スペアミント Mentha spicata  /   ペパーミント Mentha piperita
撮影・東京都薬用植物園 他
このページのトップへ