ハシリドコロ ナス科
ハシリドコロ 生薬名:ロートコン [ 局 ] 有毒 用途:製造原料
春、ハシリドコロは、葉腋に紫色を帯びた茶褐色の釣鐘状の花をつけます。花冠の内側は紫色を帯びた褐色で、花は下向きに開きます。 葉は互生で柔らかく艶があり全縁、葉身は長楕円形で先は尖りますが、まばらな数個の鋸歯がつく個体もあります。半日陰を好みます。

名前は、誤って食べると、錯乱して走り回ることからつけられています。中毒例のたくさんある植物で、痙攣・昏睡から死亡することもあるので十分な注意が必要です。 山菜と間違えて食べ、山を3日間さまよい全身キズだらけ保護された例。芽吹きの時期にフキノトウと間違えてテンプラにして食べ、夫婦で具合が悪くなった例など。 被害にあわないためには、食べられる野草の他に、食べてはいけない植物も一緒に覚えることが大事です。

薬用部位は根で、生薬名はロート根。ロートエキス [ 局 ] は、鎮痙鎮痛薬として胃腸薬などに配合されます。 また、成分のアトロピン atropine は眼科の領域で、スコポラミン scopolamine は、鎮痙鎮痛薬や麻酔薬の補助として利用されています。

類似生薬 チョウセンアサガオベラドンナ

2003.05.New-2012.12.01.Re
ハシリドコロ Scopolia japonica Maxim.撮影・東京都薬用植物園、他
芽吹きの時期 : フキの内側の苞は、綺麗な黄緑色をして、少し苞を開いてみると中の蕾が見えます。
このページのトップへ