ヒレハリソウ(コンフリー)(ムラサキ科)
似ている有毒植物 ジギタリス (ゴマノハグサ科)、APG(シソ科)
ヒレハリソウ(コンフリー)は、明治時代に牧草として導入されました。 草丈は、60〜90cm程度。茎や長卵形の葉には、粗い毛が生えていて、初夏から淡紫色の釣鐘型の花を咲かせます。 花序は、先端を内側に巻き込むような形で、巻かれた花序が解けるように元の方から先端に向かって咲きだします。 これは巻散形花序または さそり形花序などと呼ばれるムラサキ科の特徴ともいえる形態です。

欧州では、根を かぶれ、しっしんなどの皮膚疾患や胃潰瘍などに利用したとのこと。日本でも、最近まで、葉をお茶やてんぷらなどで食用にできるとしていました。
さて、従来、食用になるとされてきたコンフリーでしたが、諸外国でコンフリー摂取による肝障害の健康被害が報告されました。 これを受けて、平成16年6月14日に厚生労働省医薬食品局食品安全部から、「シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取扱いについて」として、 摂取等に係る留意事項が示され、同18日には、販売禁止とされました。なお、日本において、通常の食用にして健康被害が発生したという報告はないそうです。詳細は下記へ
厚生労働省ホームページ医薬食品局安全情報  平成16年6月14日平成16年6月18日
ヒレハリソウ Symphytum officinale L.  撮影・東京都薬用植物園 2006.05.
ヒレハリソウの葉は、有毒植物ジギタリスに良く似ています。 花の時期には区別できますが、芽吹きのころの葉は判別が難しく、以前は生葉に苦みがあるかどうかで区別できるとされてきました。 現在ではヒレハリソウも食用不適となりましたので、この判別方法も不要となりました。

ジギタリスは強心利尿薬の製造原料とされてきましたが、より副作用の少ないケジギタリスの成分に変更されています。 ヒレハリソウが食用不可となり、ジギタリスもまた製造原料としての使用がなくなりました。今後は、2種とも鑑賞用に限定されます。

2004.08.-2009.02.Re
ジギタリスDigitalis purpurea
このページのトップへ