ヒヨドリジョウゴ( ナス科 )

ヒヨドリジョウゴは、東南アジアに分布し、日本全国の林縁などに自生します。 つる性の多年草で、全体に柔らかな腺毛が密生します。葉は互生、1.5〜5cmほどの葉柄があり、葉身は3〜9cm程度になります。 つる植物によくみられる葉の大きな変化※1もあり、茎の下部は3〜5裂し、上部は卵形〜広卵形になる傾向があります。

※1 葉の大きな変化 : 右画像の葉は、1本の茎から採取しているが、位置の順番に並べたものではない。
8〜10月に、葉腋ではなく茎の途中から互生の葉と対生して、集散花序をつけます。花冠は5深裂し、白色で裂片基部には緑色の2つの斑紋があり、裂片は大きく反り返ります。 雄しべは5本で、雌しべを支えるように囲みます。葯は、暗紫色で、花糸に近い部分は黄色になります。筒状になっていて、花粉は先端にあいている穴から出します。 果実は、球形の液果で径8mmほど、晩秋に熟して赤くなります。中には扁平で、2〜2.5mmのゆがんだ円形〜楕円形の種子が20個以上入っています。

全草、特に果実にアルカロイドのソラニン※2を含むため、多食すると中毒の可能性があります。 和名の由来は、ヒヨドリが好むということからつけられたとされますが、有毒成分のせいか、実際には、いつまでも残っています※3
中国では、全草を生薬名・白毛藤と呼び、解毒、解熱などに用いるとのこと。 日本では、一部地域で民間療法として、果実ごと全草を利用し、外用にしたこともあるようですが、効能についての評価は不明です。

※2 ソラニン : 主にナス科の植物に含まれる。 特にジャガイモに含まれることで知られる。ジャガイモの場合、70%は、外皮にあるので、そのため皮を剥いて料理される。 中毒症状は、頭痛、嘔吐、呼吸中枢麻痺など。死亡することもある。

※3 果実の持つ有毒成分について : 少量の有毒成分を持つと、一度にまとめて食べられることを避けられる。 時期をずらして、あるいは多数の鳥に食べられ、種々の条件下で播種されることを狙った植物側の作戦とみられている。他の有毒果実:ナンテンなど

2013.11.5.New
ヒヨドリジョウゴ Solanum lyratum Thunb.撮影・明治薬科大学薬用植物園、他
このページのトップへ