フウセントウワタ (ガガイモ科)、APG分類:(キョウチクトウ科)
柔らかいトゲトゲのついた風船状の大きな袋が面白い。鑑賞用には花ではなく、もっぱら風船の方が利用されます。

フセントウワタ(風船唐綿)の葉は対生して細長く、7月ごろに白い花を下向きにつけます。種子ができるのは秋〜晩秋。 種子には絹糸のように光沢のある長い毛(種髪)がついています。風船が破けると種子は風に乗って遠くまで飛ばされます。

原産地のアフリカでは常緑の低木( fruticosus = 低木性の )とのことですが、日本では戸外の越冬はできません。 温室で栽培するか、秋に種子を採取して凍えないように保存するか、いずれかの方法を採る必要があります。

花期から種子ができるまでの期間は2ケ月くらいでしょうか。だから、12月の花は、花のままで終わります。それから、飛んでいった種も芽吹くことはないでしょう。
フウセントウワタの種子の長い毛は、はじめ細長い爪楊枝風に固まっています。取り出しておくと15分ほどで右のように広がります。 握ってみると軽くて弾力があり、綿よりも腰がありますが、収量が少ないから実用には向かないようです。

2005.12.-2008.12.Re


フウセントウワタ Gomphocarpus fruticosus
撮影:西東京市 種髪(右)、ふうせん(上)、花(下)
このページのトップへ