オオイヌノフグリ / タチイヌノフグリ  (オオバコ科クワガタソウ属)APG
ゴマノハグサ科から変更
フラサバソウ

オオイヌノフグリ は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、日本には明治時代に入ってきました。 早春の土手の陽だまりで、青い星を散らしたように咲き、そこだけ春が早めに来たような気持ちにさせてくれます。種子で繁殖する越年草(2年草)で、暗紫色の茎にはやや長い毛があり、根ぎわで分岐して広がります。 葉は下部では対生し上部では互生、卵円形で片面数個の鋸歯があり、短毛を散生します。葉腋(苞と呼ぶべきか?)から葉よりも長い花柄を出し、先に青紫色の花をひとつつけます。 花径は8〜10mm程度、花冠には青紫の筋が入り先は4裂します。まだ虫の活動が少ない早春から、明るい日差しを受けて咲き、雄しべは2本あり、中心部の雌しべをはさんで、両側につきます。 1〜2日花 ※1 で、昆虫による授粉ができなかった時には、陽が傾くと花をすぼめて、雄しべを雌しべに寄せて同花授粉も行います。 茎は25cm程度までのびて這い、先端を斜上させて、4月ころまで花を咲かせ続けます。花期が長いこと、同花授粉によって結実率が高いことから、繁殖力が強く、耕作地では害草扱いされます。

属名の Veronica は、聖 Veronica ※2 より。種小名 persica は、ペルシャの という意味です。 和名 オオイヌノフグリ は、近縁の在来種イヌノフグリ ※3 からつけられました。 オオイヌノフグリの果実からは、あまり想像できませんが、本家イヌノフグリ(犬の陰嚢、Veronica didyma var. lilacina)は、果実の形状が雄犬の陰嚢に似ているとしてつられた名前です。 大胆な命名ですが、地方名の中には、もっとハッキリとイヌノキンタマというものもあったようです。それでも、改名の議論がされるほどのネーミングで、学名と和名で、落差の激しい名前です。

在来種との勢力争いでは、オオイヌノフグリが圧勝中、本家のイヌノフグリは、ほとんど見られなくなりました。花は触るとポロリと落ちてしまい、いかにも繊細な印象ですが、生存戦略はなかなかしたたかです。

※1 1〜2日花 : 夜間閉じて、翌朝また開く花もあるとされる
※2 聖 Veronica : ゴルゴダの丘に向かうイエス・キリストに血をぬぐう布をささげたとされるキリスト教の伝説の女性
※3 在来種イヌノフグリ : こちらも史前帰化植物とみられている
オオイヌノフグリ Veronica persica Poir.撮影・東京都

やはり明治時代に入ってきた帰化植物 タチイヌノフグリ は、根ぎわで分岐した茎が、10〜30cmほど直立することからの命名です。 茎には短毛が密生し、緑色から暗紫色を帯びています。葉は対生し上部で互生、葉身は楕円形で先は鈍頭、低い鋸歯が数個あり、短毛が生えています。 花期はオオイヌノフグリよりも遅くて3〜6月ごろ、花径は4〜5mm程度、花茎がなく苞葉の中に納まった状態で咲く、小さく目立たない花です。果実はやや扁平なハート状で、縁には短毛があります。
種小名 arvensis は、畑に生えるの意味。オオイヌノフグリ同様に、畑の害草といわれます。

2005.03.-2016.02.Re
タチイヌノフグリ Veronica arvensis 花は4月中旬、果実は4月下旬に撮影

意味不明の名前 フラサバソウ とは、フランスの植物学者 フランシェ と サバチェ 両氏の名前の一部を合わせてつけられました。 本種も帰化植物で、茎が分岐して立ち上げるのは、タチイヌノフグリと同じです。葉は互生して、先端側に2〜3個の切れ込みが入り、全体に毛が多く、特に、ガクの短毛が目立ちます。 花は淡青紫色で、花径は4mm程度、花期は4月ごろですが、陽だまりでは、2月ころから咲いています。 種小名 hederaefolia は、ヘデラ属 ※4 に似た葉(folia)の という意味です。

※4 ヘデラ属 : ウコギ科キヅタ属 例)セイヨウキヅタ ( Ivy アイビー )

2016.02.11.New
フラサバソウ Veronica hederaefolia 撮影・東京都

以下は、いづれ載せたい(見たい)と希望しています。

イヌノフグリの花は小さく、色は淡赤紫で、3〜4月に咲きます。 オオイヌノフグリとタチイヌノフグリに生息域を取られて、環境省のレッドデータでは 絶滅危惧II類 (VU)とされています。
イヌノフグリ Veronica didyma var. lilacina
このページのトップへ