インドジャボクホウライアオキマライジャボク  キョウチクトウ科

インドジャボク 生薬名:ラウオルフィア (印度蛇木根) 用途:製造原料

インドジャボクは、インド伝統医学アーユル・ヴェーダに伝えられる薬用植物です。 「ジャボク」の名前は、根が蛇のようにねじれているので「蛇木」。ヘビの咬傷に用いたからという説もあります。
インド周辺に自生し、湿気のある林床を好む常緑の小低木です。樹高は、100cm内外で、葉は、枝の上部付近にまとまってつきます。普通3〜5枚が輪生し、長楕円形から倒卵形で先は尖り、表面には艶があります。 花は、茎頂に多数つき、白または淡紅色。基部は長い筒状で、途中からやや斜めに折れ、花冠は5裂して広がり、径15mm程になります。 花期は、6〜11月とされますが、通年に渡って開花するケースもあるようです。果実は熟すと黒くなり、赤くなる花柄とのコントラストで目立ちます。

インドジャボクは、インドでは昔から精神病患者に利用されてきましたが、1952年に成分のレセルピンが分離抽出され、精神病患者への鎮静効果が確認されました。 精神病患者に対して行われた科学的な治療として、薬学の歴史の上で、重要な成分が発見された植物のひとつといえます。 根には、前記の血圧降下や鎮静作用がある レセルピン reserpine [ 局 ] の他に アジマリン ajimalin [ 局 ] などアルカロイド成分が含まれます。 アジマリンは、不整脈の治療薬として使用されています。
漢方薬の処方例はなく(不明)、アーユル・ヴェーダと専ら西洋医学で利用されました。他の薬用植物と同様に、現在では成分が合成されることも多く、以前のような利用はされなくなっています。
インドジャボク Rauwalfia serpentina Benth.撮影・東京都薬用植物園

ホウライアオキ(蓬莱青木) 用途:製造原料、観賞用

ホウライアオキは、台湾・中国南部・ベトナム原産のインドジャボク に近縁とされる常緑低木です。 血圧降下剤レセルピンの製造原料として栽培されています。
樹高は、インドジャボクよりやや大きく、120〜130cm程度。花は白色、花冠の先端は丸みを帯び、径は10mm程度になります。 果実は楕円形で、初め緑色、熟すと赤くなり、ガリア科の アオキに似ています。 ホウライ”アオキ”の名前は、ここからつけられました。葉が似ているためとする説もあります。インドジャボクと異なり、実が熟しても花柄は緑色のままです。

 ガリア科 : APG分類による科名。新エングラー体系のミズキ科アオキ属が、独立してアオキ科から、ガリア科アオキ属へ
ホウライアオキ Rauwalfia verticillata Baill. 撮影・東京都薬用植物園

マライジャボク

マライジャボクは、マライ半島原産の常緑低木で、前の2種より大型になり樹高2mを超えます。 花は白色で、ホウライアオキに似ます。果実は長い花柄を下垂させてつき、紡錘型で、熟すとの白みを帯びたグレーになります。薬用としての利用は不明。
--- 2012.12.マライジャボクは、栽培していません。 ---

2002.11. New-2012.12.Re
マライジャボク Rauwalfia perakensis King et Gam. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ