アカヤジオウ  ゴマノハグサ科

ジオウ 生薬名:ジオウ( 地黄 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

アカヤジオウは、中国原産の多年草で、日本でも薬用として栽培されています。 葉は根の近くに集まり、長楕円形で縁には鋸歯があり波打ちます。4〜5月に総状花序を立ち上げ、葉腋に花柄のある淡い赤紫色の筒状の唇形花を咲かせます。 花茎につく葉は小さく、互生、株全体に白い柔毛が密生します。

和名の由来は、漢名「地黄」の読みから。また、昔、花弁の淡黄色の種類をシロヤジオウと呼んだのに対して、アカヤジオウの名前がつけられました。

生薬の基原植物としては、アカヤジオウと品種のカイケイジオウが利用されます。 両種の地上部は、外見上の差異は特になく、カイケイジオウが全体的にやや大きくなります。 また薬用部位の根が、アカヤジオウは小指大の太さなのに対し、カイケイジオウは、小さなサツマイモのような形に肥厚します。 他に、製薬会社が両種を交配してつくったフクチヤマジオウという品種もあります。

カイケイジオウ : 和名を「さおひめ」というが、日本に自生はないとされる。
さおひめは、春の女神・佐保姫(さほひめ→さおひめ)から。秋の女神は竜田姫。
さおひめ をジオウの古名とするものもあるが真偽不明。

生薬ジオウは、処理により下記のように分類されます。
・陰干ししたもの:生地黄(しょうじおう)
 特に新しいものは鮮地黄(せんじおう)ともいう
・日で干したもの:乾地黄(かんじおう)
・酒につけて蒸し、乾燥したもの:熟地黄(じゅくじおう)
アカヤジオウ  撮影・東京都薬用植物園
Rehmannia glutinosa Libos. var. purpurea Makino
普通、地黄というと乾地黄をさし、補血、強壮、止渇などを目的として漢方処方に用いられます。胃腸の弱い人には胃がもたれるなどの症状がでて合わないことがあります。
配合されている漢方処方は、八味地黄丸、四物湯、十全大補湯など。

2006.03.New-2012.12.Re



カイケイジオウ(左画像)撮影・東京都薬用植物園
Rehmannia glutinosa f. hueichingensis
このページのトップへ