キンモクセイギンモクセイウスギモクセイ
20年以上前の話しですが、知り合いの女性が甥御さんと歩いていたときのこと。漂ってきたキンモクセイの香りに幼稚園入園前の幼い甥御さんは、
「あ、トイレの臭いだ。トイレの臭いは、いい臭いだなあ」と、言ったとか・・・・(^^;
現在では強い香りの芳香剤がなくなりましたが、一時期は、キンモクセイの芳香剤が目立ちました。

ギンモクセイの属名 Osmanthus は「匂う花」の意味です。芳香のある白い花を咲かせ、花期は長く、キンモクセイよりも幅の広い葉を持ちます。 雌雄異株で、最初に日本に入ったのは雄株だったので、種子はできなかったとか。最近では雌雄揃ったので、種子ができるようになったと見られます。

キンモクセイは、ギンモクセイの変種で、初秋に橙色の花を密生させて、強い芳香を放ちます。香りが強すぎると好まない方もいるようですが、庭木として多くの需要があります。 中国原産の雌雄異株で、日本への持ち込みに際しては、花付きのよい雄株が選ばれたと思われます。 挿し木で増やすことができることから、雌株導入の必要もなく、そのため日本にあるのは雄株だけで種子はできないといわれています。

ギンモクセイの変種ウスギモクセイの花は、淡黄色。こちらは、雌雄揃っているので種子ができ、一部では野生化もしています。 3種類は、いずれも中国産で、普通、葉は全縁ですが、鋸歯のある個体も見受けられます。日本にあるモクセイ科は、この3つも含めて全て木本です。

 ギンモクセイの種子は雌株説の他に、交雑のよるとの見方や、雌雄同株の個体という見方もあります。
キンモクセイについて
「江戸時代に雄株のみ日本に入った」という説を、当初は何の疑問も持たずに信じていました。 でも、21世紀になっても、雌株の話は全然なくて、「雌株があるという」のような伝聞表記が多すぎる。今の時代に具体的な文章がでないのはおかしい。 そもそも江戸時代は、香りの強いものを好んだろうか。そんな疑問を持つようになりました。近年では、日本でウスギモクセイから見いだされ品種とみられるといった説もあります。 今のところ、答えは出ていないようですが、記載内容に疑いがあるということだけ書き添えます。 2017.04.
キンモクセイ 撮影・東京都
O.fragrans Lour var.aurantiacus Makino
ギンモクセイ 撮影・東京都薬用植物園
Osmanthus fragrans Lour.
ウスギモクセイ 撮影・新宿御苑
O.fragrans Lour.var.thunbergii Makino
ギンモクセイの果実 撮影・東京都薬用植物園
 2003.10.-2008.10.re
このページのトップへ