キササゲ  ノウゼンカズラ科

キササゲ 生薬名:キササゲ [ 局 ] 用途:民間薬、製造原料

キササゲは、高さ10m前後になる中国原産の落葉高木で、梓(あずさ)という別名でも知られます。 日本には薬用として持ち込まれ、やや湿った場所を好むため、川沿いなどに野生化しています。 樹高があり水気も多いことから、避雷針代わりに植栽されたこともありました。そのため、雷電木(らいでんぼく)のようなカミナリに関係した別名もあります。
葉は広卵形から円形で対生し、葉身は15〜25cm位。6〜7月頃に円錐花序をつけ、淡黄色の花を咲かせます。 10月頃には、名前の由来になったマメ科のササゲに似た、長さ30cm程の果実を付けます。種子は、やや扁平で両端は毛状になっています。
キササゲの花と実 Catalpa ovata G.Don 撮影・東京都薬用植物園


キササゲの果実(梓実・シジツ)の成分カタルポシドは利尿作用があります。 漢方系の配合例はあまりなく、民間薬の領域と利尿薬の製造原料として利用されています。

属名 Catalpa は、アメリカ先住民の部族名カトーバ Catawbaから。綴りが違うのはアメリカキササゲを命名する際、誤ったためといわれています。

2003.09.New-2012.11.Re


アメリカキササゲ Catalpa bignonioides 撮影・京都府立植物園
このページのトップへ