コガネバナ  シソ科

コガネバナ 生薬名:オウゴン(黄ゴン) [ 局 ] 用途:漢方薬

コガネバナの葉は、披針形で対生し、ほとんど無柄。茎は叢生して基部は横に伸び、先端部分を立ち上げます。 夏、穂状花序つけ、淡紫色〜紫色の筒部の長い唇形花をつけます。

花が紫色なのにコガネバナ(黄金花)という名前、これは根が黄色いことからつけられています。 属名 Scutellaria は、小さな皿を意味し、ガクを皿に見立ててつけられています。日本の属名であるタツナミソウ属は、同属の花の形を波にたとえたタツナミソウ(立浪草)から。 種小名の baicalensis は、ロシアのバイカル地方の原産であることからの命名です。

日本ではコガネバナの自生はなく、種子は朝鮮から導入されました。医薬品の国産化を目指した徳川吉宗の時代に、小石川療養所(現在通称小石川植物園)で栽培されたのが最初とされています。

コガネバナ落花後のガク タツナミソウ S.indica
コガネバナ 撮影・東京都薬用植物園
Scutellaria baicalensis Georgi
コガネバナの根の皮を除いたものを、生薬名 黄ゴン (ゴンは、クサかんむりに今)といい、主要な成分のバイカリンには、抗炎症、抗アレルギーの作用があります。 漢方では消炎、解熱などを目的として繁用され、三黄瀉心湯、小柴胡湯、黄連解毒湯など各種の漢方薬に利用されています。医薬品以外には、オウゴンエキスとして化粧品に利用されるケースもあります。

2003.03.New-2012.11.Re
このページのトップへ