クコ  ナス科

ク コ 生薬名:クコシ  (枸杞子) [ 局 ] 用途:漢方薬、食用
生薬名:ジコッピ(地骨皮) [ 局 ] 用途:漢方薬
生薬名:クコヨウ(枸杞葉) [局外] 用途:民間薬、茶剤

クコは、東アジアの熱帯から温帯にかけて分布する中国原産の落葉低木です。 繁殖力は強く、湿り気のある土壌を選びますが、乾燥にも耐え、川べりや路傍など、日当たりの良い場所に群生します。
枝には縦のスジがあり、基部から分岐して、長さ1〜2mの枝を伸ばします。長い枝では、垂れ下がった先端が地面につき、そこから発根することもあります。 長枝には多数の短枝があり、またところどころに短枝の変化した長さ1cmほどの刺をつけます。葉は長楕円形で長さ2〜5cm、互生または数葉がまとまってつきます。
花期は、7〜10月頃、葉腋に花径1cmほどの淡紫色の花をつけます。花冠は、5裂し、おしべは5本、めしべは1本あります。秋には、鮮やかな赤色をした楕円形の果実をつけます。 花期が長いため、秋には、花と果実を同時にみることができます。

昔から枸杞は身体に良いものとして、民間薬や漢方薬として使われてきました。 まず、赤く熟した果実は、生食の他に乾燥してドライフルーツとしても使われます。特に薬膳料理では定番食材といえるほど良く利用されます。 脂肪が肝臓にたまるのを予防する効果のあるベタイン betaine を含み、疲労回復の働きがあります。 乾燥したクコの果実(=ドライフルーツ)は、生薬名を枸杞子といい、滋養強壮の薬用酒などに用いられます。
また、クコの根の皮をはいで乾燥させたものは、血圧降下、血糖降下、解熱の効果があります。 クコの根が骨のようであるところから生薬名を地骨皮といい、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)などの漢方薬に配合されています。
クコの若葉は、ご飯に炊き込むなど食用にできます。茶剤には、夏期の成葉を使います。虫食いの葉を除いて採取し、多少の茎の混入は構わず、蒸すか湯通しした後に天日乾燥して飲用します。 枸杞葉には、高血圧、解熱、止渇の働きがあります。

2005.09.New-2012.12.Re
クコ Lycium chinense Miller 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ