クチナシ (アカネ科)

クチナシ 生薬名:サンシシ (山梔子) 用途:漢方、着色料

クチナシは、暖地の林縁に生え、庭木としてもよく利用されています。 樹高1〜3m程度の常緑の低木で、葉は対生し、葉身は長楕円形で全縁です。 6〜7月頃に、強い芳香のある白い花を開きます。花冠は直径6〜8cmで、5〜7裂します。

種小名の jasminoides は、「ジャスミン※1のような」の意味で、その香りからつけられました。 和名のクチナシは、果実が熟しても割れないことから、「口無し」とされました(他説もあります)。
果実は、楕円形で、普通6本の稜があり、先端にはガクが残ります※2。 完熟すると橙色になり、含有する色素のクロシンは、着色料として利用されます。栗きんとんなど、料理で色づけにも使用されています。

※1 : ジャスミンティは、マツリカの花を利用する。 香りは似ていても、マツリカはモクセイ科。
※2 : ガクの形をくちばしに見立て、訛ってくちなしになったという説もある。

漢方では、ガクと花柄を取り除いた果実を、乾燥した後に使用します。鎮静、消炎などを目的として処方されています。

2013.06.New
クチナシ Gardenia jasminoides 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ