ビロードモウズイカ (ゴマノハグサ科)
ビロードモウズイカは、ヨーロッパ原産の帰化植物で、耕地では害草扱いになっています。 葉は大きく、長楕円形していて下部では長さ40〜50cmにもなります。全体に毛が密生していて、葉も銀色に見えます。その外観からビロードの和名がついています。 普通、一年目はロゼットの状態で過ごします。二年目になって茎が伸び、上部に花穂をつける大型の2年草です。 草丈は、1〜1.5m程度で、大きく伸びる花茎は1本であることが多く、花序下部には数本の短い花茎がつきます。 中心の花穂が傷ついた場合には、下部の数本の短い花穂が大きく伸びだします。
花は、花穂下部から不規則に開花し、黄色で花冠は5裂、雄しべは5本あります。 雄しべは、短いタイプが3本とそれよりも長い2本の2つの形態で構成されています。花糸に毛があることから、モウズイカ(毛蕊花)の和前がつけられました。 別名に、ニワタバコなどがあります。
ビロードモウズイカ Verbascum thapsus L.撮影・東京都薬用植物園
クロモウズイカは、ビロードモウズイカより小さく、草丈は120cmほどです。 花冠は黄色、花糸は焦げ茶色で毛は淡い小豆色をしています。
葉は卵形で暗緑色。種小名 nigrum は黒いの意味。全体に、やや黒く見えることからのネーミングと思われます。


クロモウズイカ
Verbascum nigrum L.
撮影・都薬用植物園

2013.09.New
このページのトップへ