ムラサキ  ムラサキ科

ムラサキ 生薬名:シコン (紫根) [ 局 ] 用途:漢方薬、製造原料

ムラサキは、東アジアの温帯地域に自生する多年草で、草丈は、80cm位まで。 茎の下部ではあまり分岐せず、上部で2〜3分岐します。葉は、被針形で全縁、互生で、全草に粗い毛があります。 6〜8月頃、上部の葉腋に直径6〜8mm程度の小さな白い花を咲かせます。茎頂を伸ばしながら次々と花を付けるので、花期は1ケ月以上になることもあります。

紫色という名称は、ムラサキという名前の草の根で染めた色だからムラサキ色と呼ばれたとみられています。 また、ムラサキの名前の由来は、群れて咲くので「群れ咲き」が、訛って「群ら咲き」=ムラサキになったという説があります。 学名の Lithospermum は、石の種・・・ムラサキの種子が硬いことから、erythrorhizon は、赤い根を意味します。

紫色は、染料のムラサキが貴重であったため、古い時代には高貴な色とされていました。 聖徳太子の定めたとされる冠位十二階の最上位の「大徳・小徳」の冠も紫色だったと考えられています。 万葉集や古今和歌集にもムラサキを詠んだ歌が多くあります。 時代が過ぎると、庶民にも利用できるものとなり、江戸時代には武蔵野のムラサキで染めたものが「江戸紫」の名前で流行しました。

薬用とするのはムラサキの根で、10月ごろに掘り出し乾燥させたものを生薬名・紫根(シコン)といいます。 薬効成分のシコニン(紫色の色素)は、抗炎症作用、創傷治癒促進効果があり、皮膚病、凍傷、やけど、切り傷などの軟膏に配合して用いられます。 華岡清洲が考案した外用薬・紫雲膏もそのひとつです。 現在は、紫根のエキスを利用した内服薬や化粧品などがあります。
 万葉集に載る相聞歌
あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る [額田王]
 (天智天皇の)ご領地の紫野で、そんなに手を振っては、誰かに見られますよ。
・・・薬狩りに行ったときの情景として詠まれた。天皇の領地でムラサキなどの薬草を栽培していたとみられる。
紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも [大海人皇子(天智天皇の弟)]
 紫草のような(美しい)あなたを厭わしいと思うならば人妻なのに恋などしようか。
・・・ムラサキを好ましいものの例えとしている。
ムラサキ Lithospermum erythrorhizon Sieb.et Zucc. 撮影・小平市
自生のムラサキは開発によって個体数が減少し、絶滅危惧種となっています。種子播種により植木鉢でも栽培できますが、移植を嫌います。 植木鉢で栽培する場合は、初めから大きめの鉢に2〜3粒播くという方法が良いです。
産業の場では、類似のセイヨウムラサキも利用されています。

2003.06.New-2012.12.Re
このページのトップへ