ナンバンギセル 南蛮煙管 ( ハマウツボ [浜靫] 科 )

ナンバンギセルは、東アジア〜南アジアに分布する1年草で、日本では全国にみられます。葉緑素がなく光合成ができないために、他の植物の根に入り込んで栄養分を吸収する寄生植物です。 イネ科に寄生することが多く、サトウキビやイネ(陸稲)、特にススキは、主な宿主(しゅくしゅ) ※1 になります。他に、ショウガ科のミョウガなどにも寄生します。 宿主の養分をとり生長を阻害するため、農作物にとっては害草になります。

草丈は、20cm程度。茎は短く、大部分が地中にあり、鱗片状に退化した小さな葉がつきます。花期は、7〜9月、葉腋から黄色地に赤褐色の縦縞模様がある長い花柄を伸ばします。 先端には1個の花がつき、花冠は紅紫色で筒状、先端はややうつむき加減となり、基部は船形で先の尖った大きなガクに包まれます。雄しべは4本、雌しべは1本で、いずれも花冠の内に納まっています。 花冠基部の子房は丸く、花柱は花冠の上部に沿って曲がります。先端の柱頭は、扁平な楕円体で不釣り合いに大きく、黄色の毛に被われ下を向きます。

晩秋、子房はガクに包まれたまま結実し、朔果(さくか、正しくは「朔」に草冠がつく)になります。朔果の中には、黄色で非常に小さい数万ともいわれる大量の種子が入っています。 その種子の数からみて、発芽の機会に恵まれることは極めて少ないといえます。

※1 宿主 : 寄生される側のこと。寄主(きしゅ)ともいう。
ナンバンギセル 撮影・東京都薬用植物園、他
Aeginetia indica L.var.gracilis Nakai
ナンバンギセルとは、花の形を煙草を吸うためのパイプに見立て、南蛮人の使うキセル(煙管)という意味の命名をされています。 別名 オモイグサ(思い草)※2とも。属名の Aeginetia は、人名由来。種小名 indica は、インドの、変種名 gracilis は、痩せたの意味です。

※2 思い草 : 万葉集 「 道辺(みちのべ)の 尾花が下の 思ひ草 今更々に 何をか思はむ 」
道端のススキ(尾花)のもとに咲いている「思ひ草」のように、今更、何を思うでしょうか・・・・あなたのことを思っています。
この「思ひ草」が、ナンバンギセルのこととみられている。


2014.08.21.New
このページのトップへ