オオバコエゾオオバコヘラオオバコなど( オオバコ科オオバコ属

オオバコ 生薬名:シャゼンシ (車前子) [ 局 ]
生薬名:シャゼンソウ(車前草) [ 局 ]
用途:漢方薬、製造原料
日本に野生するオオバコの仲間は、わずか数種類ですが、その中でオオバコ(大葉子)はどこでも見ることができます。 背が高くならないため、他の植物が覆いかぶさるような場所は生育環境としては不適。適度に踏みつけられ他の植物が大きくなれない道端のような場所がオオバコに適した環境になります。 種子は水分を含むと粘りがでて、踏みつけた車輪や、人の靴などについて広がります。人の生活圏が、そのままオオバコの生活圏になっています。 以前は、舗装していない道の轍に沿って生えていたため、中国名は「車前草」。 また、属名の Plantago は、「足の裏」と「運ぶ」のふたつのラテン語からつくられたもので、いずれの名前もこの植物の生態をよく現しています。 身近な草であることから、日本でも各地方での呼び名が多く、オンバコ、カエルッパ(蛙っ葉)、スモトリバナ(相撲取り花) など、200以上が記録されています。

オオバコは、茎を立ち上げることはなく、ごく短い地下茎からロゼット状に葉を展開します。 6〜9月ごろ、ロゼットの中心部付近から緑色の穂状花序を立ち上げ、白い小さな花が下部から咲きあがります。 花は雌性先熟で、花序上部に出ている白い糸状のものが柱頭、後に雄しべが葯を伸ばします。風媒花で、一番上の小花が咲く頃には、花序の下の部分は種子になっています。

生薬名の車前草(しゃぜんそう)は、先述の中国名から。車前子(しゃぜんし)は、オオバコの種子を指します。 漢方薬では、鎮咳、去痰、利尿、消炎などを目的に車前子を用います。全草が薬用になり、生薬を配合した咳止め薬に車前草が配合されることもあります。
 各地方での呼び名
カエルッパ(蛙っ葉)、カエル葉など :  オオバコの葉を火であぶると、表皮が膨らむので、それをカエルの腹に見たてたもの。この葉を傷やできものの上に貼るという民間療法があった。葉そのものがカエルに似ているとする説も。 また、オオバコの葉を弱ったカエルにかぶせてやると生き返るという言い伝えもある。
スモトリバナ(相撲取り花) : 花茎を絡めて引き合い切れたほうが負けという子供の遊びから。
オオバコ Plantago asiatica Linne 撮影地・東京都薬用植物園、他
在来種:エゾオオバコトウオオバコ
エゾオオバコは、北海道全域と本州から九州までの日本海側の沿岸部に分布しています。 オオバコに比べると小型で、全体が白い軟毛に覆われています。
トウオオバコは、葉は厚く花穂は50cmを越え、日本産のオオバコでは最大。 本州〜九州の沿岸部に自生し、トウ(唐)とありますが日本産です。
トウオオバコ Plantago japonica Franch.et Savat.
撮影地・明治薬科大学植物園
エゾオオバコ Plantago camtschatica Cham.
撮影地・東京都薬用植物園
外来種:ヘラオオバコ
ヨーロッパ原産のヘラオオバコは、日本薬局方には収載されていませんが、欧州では薬用とされています。 軟毛のある葉の幅は狭く、他のオオバコ属のイメージとはやや異なります。花茎は50cmになる大型種ですが、花穂自体は短いものとなっています。
ヘラオオバコ Plantago lanceolata Linne
撮影地・埼玉県
外来種:ツボミオオバコ
北アメリカ原産のツボミオオバコは、全体に軟毛があります。 ヘラオオバコ同様に、空き地などにコロニーをつくる様子が多く見られるようになりました。
「ツボミ〜」の和名は、雄性期に花冠を開かないことからつけられ、葯は花冠の内部にとどまります。 普通、開かないタイプですが、花冠が平開するタイプもあり、この場合、右画像のように葯は花冠の外にとび出します。 平開タイプは不稔花とみられています。
サイト管理者:平開タイプが個体差なのか、一定の条件なのか出現理由は未確認です。

2002.08.New-2012.12.Re


ツボミオオバコ
Plantago virginica Linne
撮影地・東京都
このページのトップへ