リンドウ エゾリンドウフデリンドウ リンドウ科
リンドウという和名は、中国や朝鮮半島に分布する同属の生薬名が由来となっています。 その根は、苦いものの代名詞である 熊の胆のう 、生薬名・熊胆( ユウタン )よりもさらに苦いことから、熊より強いものとして「龍」の字をあて、 生薬名を龍胆( リュウタン )にしたといわれます※1。 この龍胆の読みが訛って、リンドウになりました。

山野に自生する多年草で、秋咲きを代表する草花のひとつです。リンドウは、生薬にされるトウリンドウ ※2の変種で、また変異が多いことでも知られています。 草丈は 20〜30cmで、茎は分岐することなく、直立または斜上します。葉は対生し、披針形で葉縁は全縁、先は尖ります。 花は、雄しべは5本、雌しべは1本で、茎頂または葉腋に数個つきます。花冠の大きさは長さ3〜4cmの釣鐘状で、先端は5裂して外側に反り返り、裂片の間には小さな裂片があります。

春から秋の開花期まで日当たりを好みます。日が当らないと花はつぼんだままになります。ただ真夏の直射日光のような暑さには弱いので、この時期には明るい半日陰が適しています。 根は乾燥を嫌うため、水はけの良い、やや湿った土が良く、栽培に当っては水やりに注意が必要です。寒さには比較的強く、霜をよける程度で越冬できます。

※1 龍胆 : 命名由来は、イヌホウズキ 龍葵(りゅうき)Solanum nigrum に葉が似ているためとする説もあります。
リンドウ  撮影・東京都薬用植物園
Gentiana scabra Bunge ver.buergeri Maxim.
普通、切花として生花店で販売されているのは、エゾリンドウです。 中部以北〜北海道の湿地帯に生え、茎は直立し、草丈30〜50cmになる大型のリンドウです。 花数が多く、8〜9月に開花、栄養状態が良いと下部の葉腋にも花をつけます。

フデリンドウは、本州、四国、九州にある越年草。前の2種が湿気を水辺や湿地を好むのに対し、林床などやや乾いた土地に自生します。 花期は4〜5月、草丈は5〜10cm。筆龍胆の名前は、曇天などで、花がつぼんでいる状態を筆に例えたものです。
エゾリンドウ 撮影・箱根湿生花園
Gentiana triflora var. japonica
フデリンドウ Gentiana zollingeri 撮影・東京都青梅市

当分の間  です。

トウリンドウ 生薬名:リュウタン ( 龍胆 ) 用途:漢方薬

※2 生薬としてのリンドウ : 
ゲンチアナ Gentiana lutea L.を代用する苦味健胃薬にされたもので、日本薬局方では中国や朝鮮半島などに分布する次の3種類を基原植物としています。 かつてはトウリンドウの変種である日本産のリンドウGentiana scabra ver.buergeri などが生薬とされたこともありましたが、実際の流通がないことで対象から外されています。 西欧では、ゲンチアナの利用が一般的です。
・トウリンドウ Gentiana scabra Bunge 、
・マンシュウリンドウ Gentiana manshurica Kitagawa 、
・トウオオヤマリンドウ Gentiana triflora Pallas、

リュウタン ( 龍胆 )の苦味の素は、苦味配糖体ゲンチオピクロシドで、苦味に舌や脳が刺激され、唾液、胃液、胆汁の分泌を促すことが知られています。 胃腸の働きが良くなるので、食欲不振、消化不良などに効果があります。 カプセルの普及で服用の際、マズイ思いをすることが減りましたが、リュウタンについては、苦味を感じないと効果が得られない生薬です。<

2004.10.New-2013.02.Re
このページのトップへ