セージの仲間( シソ科アキギリ属

セージ 用途:香辛料、ハーブティー
セージ sage は、ラテン語 Salvia の転訛で、広い意味では Salvia(アキギリ)属の沢山の種類の総称にもなります。 葉に芳香を持ち、ハーブとして利用されるものも多く、中でも良く利用されているのがコモンセージ common sage です。 原産地のヨーロッパ南部、地中海沿岸を始めとして、多くの地域で栽培されていて、単にセージという場合は、この種を指すのが普通です。
セージは、高さは60cmほどの多年草 (2年目以降に基部が木質化するので、常緑低木といわれることもあります)で、葉は対生、表面には細かな網目模様があります。 5〜7月に、総状花序に青紫色の唇形花をつけます。

7〜8月に採取し陰干した葉を香辛料として使用します。脂分の多い肉の香りづけなど、西洋の肉料理には繁用され、そのためにソーセージの語源とする説もあります。 また、ハーブティーなど、通常の食品として適度に利用する場合は、食べ過ぎや飲みすぎ、健胃や疲労回復に良いとされています。
別名を ヤクヨウ(薬用)サルビアともいいます。日本では治療での使用はありませんが、一部の炎症に対して外用すると効果があるともいわれています。
セージ(英名 common sage ) Salvia officinalis L. 撮影地・東京都薬用植物園

名前を間違えたセージ S.guaranitica(Anise scented sage)/S.pratensis(Meadow clary)
Salvia guaraniticaの草丈は 1mを越え、黒いガク、濃い青紫色の花で、園芸店でもよく見かけます。 一時期 メドーセージの流通名で販売されたため名前で混乱もありました。最近は、グアラニティカの名で並びます。

本来のメドーセージ(クラリー) Meadow clary は、 Salvia pratensis のことです。 耐寒性があり、草丈50〜60cm程度と小さく、サルビアではやや早咲き、明るい青紫色の花をつけます。
観賞用のセージ
メキシカン・ブッシュセージ Mexican Bush Sage は、メキシコ原産の草丈1.5mほどになる大型の多年草です。 水はけと日当たりの良い土地を好み、根元から茎を叢生して広がります。日本での花期は秋で、紫色のフェルトのような部分はガク片、白い部分が花弁です。別名 アメジストセージ、ベルベットセージ

アキノベニバナサルビアは、英名 オータムセージ autumn sage といい、鑑賞用に栽培されています。 花数は多くありませんが、花径2cmの深紅の花を晩秋まで咲かせます。
メキシカン・ブッシュセージ Salvia leucantha / オータムセージ Salvia leucantha
精油をとるセージ オニサルビア(英名 Clary Sage)Salvia sclarea
オニサルビア 用途:食用他

オニサルビア Salvia sclarea の原産地は、欧州〜中央アジアです。 葉は対生、広卵形でサルビアとしては大きな葉身15cmほどの葉をもつ2年草です。 花期は4〜8月、総状花序を円錐状につけ、白や淡い青紫色の花を咲かせます。花の下のピンク色の苞が目立ちます。

葉をスープに入れるなどして食用とするほか、葉から採れる精油を、調味料や薬用、アロマテラピーなどに利用します。 過去には、葉や種子油を鎮痙薬としたり、種子(果実)を目薬にした歴史もあります。 種小名 sclarea は、清浄なの意味
英名 クラリーセージ Clary Sage

目薬 : 種子は水分を含むと粘液を生じる。 異物を取り除くため、種子をそのまま眼の中に入れて、粘液が異物を取り除くのを待つ。 属は異なるが、同じシソ科のメボウキ 目箒 Ocimum basilicum (バジル) のかつての利用法と同じ。

2002.07.New-2013.02.Re
このページのトップへ