センブリムラサキセンブリアケボノソウ リンドウ科 センブリ属

センブリ 生薬名:トウヤク (当薬)[ 局 ] 用途:民間薬、製造原料

センブリは、九州から北海道まで日当たりの良い草地などに自生します。 丈は30cm位までで、根元から数本に枝別れをして茎を立ち上げます。葉は、線形で葉柄がなく対生します。
2年草で2年目に花が咲き、花期は10月ごろ。葉腋にひとつづつ、株全体に多くの花をつけます。花冠は5列、内側は白く縦に紫色のストライプが入り、外面は淡い紫色を帯びます。

ドクダミゲンノショウコキササゲなどと共によく知られている薬草のひとつで、 民間薬※1として広く利用されてきました。

※1 民間薬 : 漢方薬と異なり複数の生薬を組み合わせる処方はなく、一種類で使用する。 一般の人が使用するため、多少の誤用があっても副作用が少ないものが多い。しかし、医薬品である以上、服用にあたっては通常の注意は必要である。
センブリ 撮影・筑波実験植物園、他
Swertia japonica Makino
センブリ(千振り)の名前は、千回熱湯に入れて振り出しても、まだ苦い(という位苦い)ことからつけられています。 生薬名「当薬」は、まさに当たる(よく効く)薬の意味。開花期の全草を採取して乾燥し、苦味健胃薬・整腸薬として利用されてきました。 永い間、自生品を採取し続けていたので、一時期、個体数が減少したこともあります。 現在では栽培技術が確立されたため、栽培されたものを使用しています。

センブリは、中国発祥の漢方処方には配合されていない、日本固有の民間薬です。 普通は、民間薬の扱いですが、苦味チンキの材料※2のひとつにもなっています。

※2 苦味チンキの材料 : センブリ、 サンショウ、トウヒ(橙皮:ダイダイの果皮)の3種類の生薬を使用する。 苦味健胃薬として、また他剤を飲みやすくするために配合される。

成分の スウェルチアマリン swertiamarin や ゲンチオピクロシド gentiopicroside などの苦味配糖体を含み、残留性の強い苦味があります。 苦味健胃薬の苦味は、成分が直接に作用するのではなく、苦味を感じることによって脳が刺激を受け、唾液や消化液の分泌を促進させるというものです。 苦味健胃薬についていえば「口に苦く」なければ「良薬」にはならず、カプセルなどに入れて飲みやすくすると効果を得られないことになります。

センブリの苦味成分には毛細血管拡張作用があることが分かっています。 そこで頭皮の血流を良くすることを目的に、エキスを配合した養毛剤も数多く見受けられます。


以下は、センブリのような苦味はないので、薬用としての利用はしない種です。

ムラサキセンブリ

センブリの近縁種 ムラサキセンブリは、関東以西に分布する1年草です。 花冠は5深裂してセンブリよりもひとまわり大きく、名前の通り花は紫色をしています。日当りの良い草原や岩場を選び、草丈は大きいもので50cmほどになります。

アケボノソウ

水辺などの湿ったところを好む2年草で、葉は、楕円形で対生し、丈は、50〜80cm位。花径は2cmほど。 深裂した花冠の裂片中央付近には淡黄緑色の蜜腺があって、よく昆虫(画像では蟻)が寄ってきます。 花冠裂片の先端付近には紫色の斑点が多数ありますが、アケボノソウの名前は、この斑点を空に例えたものといわれています。

2006.10.New-2015.10.Re
ムラサキセンブリ 撮影・東京都薬用植物園
Swertia pseudo-chinensis Hara
アケボノソウ 撮影・筑波実験植物園、他 Swertia bimaculata
このページのトップへ