シモバシラ / カメバヒキオコシ (シソ科)

シモバシラは山林に自生する多年草で、木陰だけでなく日当たりの良い場所でも生育します。 葉は長楕円形で、先端が尖り、全体に浅い鋸歯があります(ほとんど、ないものもあります)。 質は薄く、艶はなく、対生します。花期は9〜10月。葉腋や茎の先に花穂をつけ、白い釣鐘に近い唇形の花を咲かせます。普通、ひとつの方向に偏って花を並べます。

草本類は地上部が枯れると根は水分の供給を止めるか枯れてしまいます。しかし、シモバシラの根は地上部が枯れた後も水分を送り続けるそうです。 そのため厳冬期に枯れた茎に含まれる水分が凍って、茎の周囲に氷の結晶を作ります。東京平野部では小さなものですが、山間部では茎の40〜50cmの高さまで凍ることもあります。
シモバシラは、この枯れてからの現象に注目してつけられた名前です。学名の Keiskeaは、明治の植物学者、伊藤圭介から。別名を ユキヨセソウとも。

 シモバシラ Keiskea japonica Miq.撮影・東京都薬用植物園 他
シモバシラ以外の草本でも同様の現象を生じることがあります。やはりシソ科の多年草であるカメバヒキオコシもそのひとつです。 カメバとは「亀葉」で、葉の先端が3列する形を亀に見立てたものです。

2003.11.-2009.2.Re
カメバヒキオコシ 撮影・東京都薬用植物園
Isodon umbrosus (Maxim.) H.Hara var. leucanthus (Murai) K.Asano
f. kameba (Okuyama ex Ohwi) K.Asano
このページのトップへ