ニオイストロファンツス  キョウチクトウ科
ニオイストロファンツス 生薬名:ストロファンツス子 [ 局 ] 有毒 用途:製薬原料
熱帯アフリカ原産のニオイストロファンツス(Strophanthus gratus)は、種子に多量のアルカロイドを含んでいます。 昔は、狩猟の矢毒 として用いられ、その毒はゾウのような大型動物の心臓をも短時間で止めるといわれました。 現在は強心利尿薬 G-ストロファンチン G-Strophanthin の製造原料にされています。

矢毒 : ストロファンツスの種子の毒は、四大矢毒(イポー、クラーレ、ストロファンツス、トリカブト)のひとつとされる。 単独ではなく他の成分と混ぜ合わせて使用したといわれるが、詳細は不明。

属名 Strophanthusは、「ねじれたヒモ」と「花」の二つの言葉から命名されています。種小名 gratus は、喜び、好意、美味の意味。 別名 クリームフルーツツリー Cream fruit tree ともいわれますが、フルーツはなりません。ニオイキンリュウカという和名もありますが、一般的ではないようです。
蔓性の常緑樹で長さ6〜7mになり、葉は大きいものでは30cmになり、長楕円形で全縁、対生します。日本では6〜7月ごろに、茎頂に散形花序風の総状花序をつけます。 ガクは暗紫色、表面に艶があります。花は桃色の筒状花で、先端は5裂して開平するか反り返ります。開花後は、桃色から白色に変化し、花には芳香があります。

果実は、対になった角状で、結実は少ないようです。 種子には芒(のぎ)があり、芒には羽毛状の長い毛がついています。熱帯産なので、日本では温室で栽培されます。
ストロファンツス・ディワリカーツス
中国南部原産の樹高2m程度の常緑樹で、花冠の先端が長く伸びます。薬用については詳細不明。
学名「ねじれたヒモの花」のイメージとして掲載。
ニオイストロファンツス
Strophanthus gratus Franch.撮影・東京都薬用植物園
ストロファンツス・ディワリカーツス
Strophanthus divaricatus Hook.et Arn.

ストロファンツス・ヒスピーダス 生薬名:ストロファンツス子 [ 局 ] 有毒 用途:製薬原料
ここから先は当分の間、 です。

ストロファンツス・ヒスピーダスは、アフリカ原産のつる性植物です。種小名 hispidus は、剛毛のあるの意味。
花は淡黄色で、花冠の先は5裂し、先端は長さ20cmほども垂れ下がり紐のようにねじれます。 種子の利用方法は、ニオイストロファンツスと同じですが、こちらの成分は H-ストロファンチン H-Strophanthin 。

2005.01.New-2013.01.Re


ストロファンツス・ヒスピーダス
Strophanthus hispidus DC. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ