タバコ( ナス科 )

タバコマルバタバコ 生薬名:煙草 用途:殺虫剤製造原料、嗜好品 有毒

タバコ Nicotiana tabacum は、母方 ニコチアナ・シルベストリス N.sylvestris と 父方 ニコチアナ・トメントシフォルミス N.tomentosiformis ※1の種間交雑が起源とされます。 日照時間が必要な植物ですが、生育の適温は20〜25度で、温度35℃が継続すると高温障害が発生します。 原産地は、ボリビアからアルゼンチンにかけてのアンデス山脈・標高2000〜3000mの高地とみられています。

タバコは、草丈250cmになる大型の1年生草本です。全体に繊毛があってベタつき、特異臭があります。 葉は、長さ20〜60cm、互生、楕円形で基部は細くなり、やや茎を抱きます。 葉には、有毒なアルカロイドのニコチン※2が含まれ、茎の上層の葉ほど、含有量が多くなります。 利用部位が葉であることから、原料用タバコの栽培にあたっては、花が咲かないように花芽は摘み取られます。 また、分枝しないように腋芽も取り除かれ、主茎の20枚程度の葉だけを生長させるようにしています。
花は、茎頂付近の葉腋から散房状の花序をだします。花冠の色はピンク色が多く、基部は細長い筒状、中ほどから太くなる漏斗状になります。 先端は5裂、裂片は平開し、開くのは日中で、夜間は閉じます。雄しべは、5本、雌しべは、1本あり、それぞれの先端は、花冠と同程度の位置か、わずかに花冠よりも先に伸びだします。

初め、タバコは、薬用としてヨーロッパに紹介され、後にアメリカ大陸で行われていた喫煙習慣が伝わりました。日本では、薬用の歴史はなく、最初から喫煙として伝わっています。 現在、日本では、タバコ属の栽培を自由に行うことができます。しかし、葉を喫煙用に製造することは日本たばこ産業株式会社のみに認められている( たばこ事業法 )ことで、他は禁止されています。

※1 N.tomentosiformis : 過去に、父方 N.otophora 由来説もあったが、N.tomentosiformis 説が有力。
※2 ニコチン : 天然由来の物質で、即効性の非常に強い神経毒である。 人に限らず、多くの生物に対して毒性を発揮するため、農業用殺虫剤の原料としても利用されている。 その強い毒性ゆえに、「毒物及び劇物取締法」の指定を受けている。同法は、保健衛生上の見地から必要な取締を行うことを目的とする法律。指定成分の製造、販売、譲渡の規制などを定めている。
タバコ Nicotiana tabacum L. 撮影・東京都薬用植物園

タバコ N.tabacum の他に、作物として栽培されているものには、マルバタバコ Nicotiana rustica があります。 量は少ないものの、地域限定の小規模の栽培品を除くと、作物としては、この2種で大部分を占めています。

草丈は150cmくらいで、タバコ N.tabacum よりも小型、全体に繊毛があり、葉は広楕円形になります。 花冠は淡い黄緑色からクリーム色で、筒状の花冠は、N.tabacum よりも短く、ガクとあわせて長楕円体の様になります。花冠先端は5裂しますが、縁はややプリーツ状に波打ちます。

農業用殺虫剤の原料として利用されています。

2013.11.2.New
マルバタバコ Nicotiana rustica L.
このページのトップへ