トコン (アカネ科)

トコン 生薬名:トコン(吐根) ※1 [ 局 ] 用途:製造原料

トコン(吐根)は、ブラジル・アマゾン川上流域の熱帯雨林に産する常緑の小低木 ※2 です。 高さは 10〜20cm程度、葉は、対生し革質で楕円形、全縁ときに波打つこともあります。葉には短い毛が散生し、茎には密生します。 花序は、茎の上部の葉腋につくので、頂生しているように見えます。花は、ロート状の筒状花で、白色の花冠の先端は5裂 ※3 し、総苞の中に、頭状にまとまってつきます。 その姿から、属名 Cephaelis ( Cephale 頭 + eilein 集合する )がつけられました。 雄しべは、花冠の中にとどまりますが、雌しべは、花冠より外まで伸びます。

※1 トコン(吐根) : 生薬トコンの基原植物には、トコン Cephaelis ipecacuanha の他に、C.acuminata Karst.も利用される。 2種は、シノニムとする見方もある。
※2 小低木 : トコンは、茎が太くならないためか、多年草とするものや、なかには草本性の小低木という折衷案的な記述もみられる。 草本と木本の定義によると思われるが、詳細不明。
※3 5裂 : 掲載画像は、6裂しているが、普通5裂する。

薬用部位は、肥厚した根および根茎で、薬物などを誤飲した際に、嘔吐を誘導するために使用しました。 もともとは、アマゾン川流域の先住民が利用していたもので、種小名の ipecacuanha は、南米インディオ・トゥピ族の「吐き気を催す葉」という意味の言葉が語源とされています。 生薬名は「吐根」といい、和名は、この生薬名からきています。ただし、作用が激しいため劇薬指定となっていて、生薬名が表す効能である催吐剤としての使用は少なくなっています。 使用量を少なくすると、去痰、緩下作用があります。また、抗ウイルス作用、抗アメーバ赤痢菌作用があることでも知られています。

なお、学名をトコン属 Cephaelis ipecacuanha として表記しましたが、近年 ボチョウジ(母丁字)属として Carapichea ipecacuanha とする説もあります。

2014.08.15.New
トコン 撮影・東京都薬用植物園 Cephaelis ipecacuanha (Broterol) A.Rich.
このページのトップへ