トチュウ  トチュウ科

トチュウ 生薬名:トチュウ( 杜仲 ) [ 局 ] 用途:漢方薬、健康食品
トチュウは、中国原産、雌雄異株の落葉高木で樹高20mになることもあります。 葉は長楕円形で先が尖り、縁には鋸歯があります。杜仲とは、この樹皮を煎じて飲んでいたという中国の仙人の名前・・・だそうです。 属名 Eucommia は、「良いゴム」、種小名 ulmoides は、「ニレのような」の意味。葉が似てる?
APG分類では、トチュウ1種だけで、属と科を構成します。
トチュウは、葉や茎をちぎると白い糸を引きます。 主要成分のグッタペルカ gutta-percha で、ゴム質の成分は害虫が食べ進むことを妨害します。そのためトチュウは食害を受けにくい樹木といわれます。

薬用とするのは、外皮を除いた樹皮で、古くから強壮・強精や鎮痛などの目的で漢方処方に配合利用してきました。 樹齢15〜20年の樹皮を利用するため、採取できる量が限られ、昔は上流階級しか使うことができなかったとのことです。グッタペルカの白い糸を引くのが良品とされます。
日本でも栽培されていて、若葉は、健康茶として利用されています。まだ研究中ですが、寒冷地で栽培できる天然ゴム資源としても注目されています。

2005.12.New-2012.12.Re
トチュウ  Eucommia ulmoides Oliv. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ