トウガラシ ナス科

トウガラシ 生薬名:トウガラシ( 蕃椒 ) [ 局 ] 用途:漢方薬、製造原料、香辛料
トウガラシの葉は互生、全縁で先は尖ります。花期は夏、秋に円錐形の果実を赤熟させます。 「唐」辛子といっても、中国原産ということではなく「外来の」といった程度の意味で、実際には、熱帯アメリカ原産とみられています。熱帯では多年草。
辛味成分のカプサイシンは、少量では辛味健胃となり、外用では、皮膚を刺激することにより、血管拡張作用があります。薬用以外では香辛料として使用されています。
トウガラシ  Capsicum annuum L.撮影・東京都薬用植物園
ブート・ジョロキア
ハバネロよりも辛いブート・ジョロキア。生育環境としては、やや高温を好むので、温室での栽培が適当です。 キダチトウガラシ C. frutescens とシネンセ種 C. chinense の遺伝子を持つ、長さ6〜8cm程の果実は、世界一辛いトウガラシです。 素手で触ったあと目をこすったりすることは厳禁です。

2013.07.New
品種 ブート・ジョロキア Capsicum chinense×C.frutescense cv.’Bhut-jolokia’
このページのトップへ