トウワタ APG分類:(キョウチクトウ科) 有毒植物
トウワタは、熱帯アメリカ原産の多年草ですが、日本では越冬できないため1年草の扱いで栽培されます。 草丈は、1m程度、葉は、披針形で対生します。傷をつけると白い乳液を出し、Milkweed(乳液を出す草の意味、他の植物を指すこともある)とも呼ばれます。 全草有毒で、日本には江戸時代末期に渡来しました。
花期は、夏〜秋にかけて。ガク片は緑色で5枚、花弁は赤色、橙黄色の副花冠※1がユニークな形でついています。 雄しべと雌しべはずい柱※2になって、副花冠の内側にあります。また、花粉は花粉塊(かふんかい)であることも特徴です。
果実は、先の尖った紡錘形で、中に沢山の種子が入っています。種子は平たく翼があり、白い種髪※3がついていて、風に乗って飛び播種されます。

※1 副花冠 : 花弁の内側にあり、花弁ではないが花弁様の形をしているもの。
※2 ずい柱 : 雄しべと雌しべが合生したもの。
※3 種髪 : 種子の冠毛の長いものをいう。旧ガガイモ科に多い。ガガイモ、キジョラン、フウセントウワタなど
トウワタ Asclepias curassavica 撮影・東京都薬用植物園
和名・トウワタ(唐綿)の「唐」は、中国のことではなく「外来の」という程度の意味です。「綿」は、白い種髪を綿に見立てたことに由来します。 学名の Asclepias は、ギリシャ神話に登場する医神アスクレーピオス※4から。curassavica キュラソ−島の(南米ベネズエラ北)の意味です。

医神の名前がついた学名から想像できるように、過去に薬用とされたこともありますが、現在では吐根(トコン)代用という以外、利用されていません。 誤って摂取すると、嘔吐、不整脈、心臓麻痺などが起こります。
Asclepias curassavica ’silky gold’ 京都府立植物園
※4 医神アスクレーピオス : Aesculapius アスクレピオスとも。ギリシア神話。医術の祖アポローンの子。 医術に優れ、死者までも生き返らせたため、冥界の王ハーデスから秩序を乱すとゼウスに抗議され、ゼウスの雷霆(らいてい:いかづち)によって殺された。 死後、天に上げられて へびつかい座 となり、神の一員に加わったとされる。アスクレピオスの持つ1匹のヘビが巻きついた杖は、医学のシンボル。 世界保健機関WHOの旗は、国連旗の中央にアスクレピオスの杖が描かれている。 デザイン上の理由で2匹のヘビが巻きつく杖 medical caduceus ( caduceus :ギリシア神話の伝令神 ヘルメス が持つ杖 )も欧米の医療機関や、軍隊の医療部隊章として用いられる。
トウワタは、渡りをする蝶として有名なオオカバマダラ※5の食草としても知られています。 有毒成分を選択蓄積し、外的から狙われないようにしています。同属のカバマダラ亜科では、沖縄にいるスジグロカバマダラなどがガガイモの仲間を食草として、同様に選択蓄積を行っています。

※5 オオカバマダラ : 北アメリカ・メキシコ間3000km以上の長距離を移動する。 1個体が往復するのでなく、世代交代をしながらの移動ということで、鳥の渡りとは異なる。大群で移動し、夜間は木の枝に集団でとまり休む。 移動中、ごく狭い範囲に集まるため、蝶の数が多すぎると、重みで枝が折れることがあるという。

2013.10.14.New
トウワタで吸蜜する
スジグロカバマダラ
このページのトップへ