ツノゴマ(角胡麻)(ツノゴマ科
 新エングラー体系:ツノゴマ科、クロンキスト:ゴマ科、APG分類:ツノゴマ科

ツノゴマの原産地は、北アメリカ南部からメキシコにかけての地域です。 草丈は、80cm程度ですが、茎が枝分かれして周囲に伸び、大きく広がります。

葉には長い葉柄があり、葉身は円心形で、葉縁は波打ちます。葉や茎など全体に腺毛が密生してベトつきます。そのため、ごく小さな羽虫などが捕らわれて、はりついていることがあります。
花は淡いピンク色の釣鐘型で、花冠の先は5裂し、裂片は反り返ります。下部の裂片は、唇形で、黄色いストライプが入ります。7〜9月頃に次々と開花するので、長く見ることができます。

果実は、長い突起が角のようにのび、まだ若いものはキュウリのようにピクルスとして食用にできます。 果実の突起を一角獣ユニコーンの角にみたてて、ユニコーン・プラント Unicorn plant とか Unicorn flower と呼ばれています。 この果実は成熟するにしたがって、内果皮が木質化して硬くなり、最後は先端部分が二裂して釣り針状の湾曲した突起になります。 突起の先端部分は鋭く堅く、動物に刺さったり、毛に絡みついたりして、動物に運ばせるという種子撒布の方法をとっています。

ツノゴマ 撮影 東京都薬用植物園
Proboscidea louisiana (Mill) Thell.
野生動物にとっては大型の危険な引っ付き虫ということになりますが、このことから、悪魔の爪 Devil's claw という呼び名や タビビトナカセ (旅人泣かせ) という別名があります。

種子は、長さ8〜9mmほどで、表面には細かな凹凸があります。ツノゴマの名前は、草の姿(花)がゴマに似ていて、果実にツノがあるからとされています。 ゴマのように、種子を食用にできるからではないようです。


キバナノツノゴマ(黄花の角胡麻)(ツノゴマ科)
キバナノツノゴマは、ツノゴマを、やや小型にした形状ですが、属は異なります。 熱帯アメリカ原産の一年草です。葉は円心計、葉縁には浅い鋸歯があります。ツノゴマ同様に、全体に腺毛が密生していて粘液を出すため、小さな羽虫が粘着します。 花は黄色、花冠の先端は5裂し、裂片は平開します。果実が、ユニコーンや悪魔の爪と呼ばれるところもツノゴマに似ています。別名 オオツノゴマ。

この植物は、近年、食虫植物という見方がされることがあります。表面の粘液に消化酵素が入っているともいわれますが、反対意見もあって、まだ結論を出すには至らないようです。 なお、ツノゴマについては、同様に腺毛がありますが、食虫植物とする見解はないようです。

2013.10.02.New
キバナノツノゴマ Ibicella lutea (Lindl.) Van Eselt. 撮影 つくば実権植物園、他
このページのトップへ