チョウセンアサガオ  ナス科

チョウセンアサガオ属 成分・スコポラミンなど [ 局 ] 有毒 用途:製造原料
チョウセンアサガオの仲間は、スコポラミン やアトロピン などのアルカロイドを含有しています。全草が有毒で、葉や茎の汁も同様の成分を含みます。 園芸品種も例外ではなく、植え替えや剪定時など、取り扱いに注意が必要です。蕾をエディプルフラワー( 食用花 )と勘違いして食中毒を起こした例もあります。

チョウセンアサガオは、鎮痛、鎮痙薬として使われたことがあり、 華岡青洲が乳ガンの手術に用いた生薬のひとつ「曼陀羅華( マンダラゲ )」として知られます。 原産地は南アジアで、草丈は1m程度の一年草、葉は卵形で葉身は20cm程度。8〜10月頃に漏斗状の白い花を咲かせます。果実は球形でトゲがあり、中には扁平な種子が多数入っています。
日本には江戸時代に移入され、外国からきたという意味で「チョウセン」の文字が冠されました。「アサガオ」は、花の形がヒルガオ科のアサガオに似ているためです。キチガイナスビの異名もあります。

似ている種で北アメリカ原産のケチョウセンアサガオ(毛朝鮮朝顔)があり、名前の通り茎や葉に軟毛があります。 別名アメリカチョウセンアサガオともいわれるようですが、アメリカチョウセンアサガオという別種もあります。 北アメリカ原産で花が10cmと大きく、やはり葉や茎が軟毛に覆われます。
チョウセンアサガオ Datura alba Nees ( D.metel L.) ケチョウセンアサガオ Datura innoxia Mill.

アメリカチョウセンアサガオ Datura meteloides DC ケチョウセンアサガオの果実と種子
ヨウシュチョウセンアサガオは、他のチョウセンアサガオ属に比較すると花はやや小さく、葉には間隔の広い鋸歯があります。 トゲナシヨウシュチョウセンアサガオは、名前の通り実にトゲがありません。
ヨウシュチョウセンアサガオ
Datura stramonium L.f.tatura
トゲナシヨウシュチョウセンアサガオ
Datura stramonium L.var.inermis
ヤエチョウセンアサガオ(紫花)は、インドから中近東方面にかけて分布しています。
ヤエチョウセンアサガオ Datura fastuosa L. キダチチョウセンアサガオ
類似生薬 ハシリドコロベラドンナ
キダチチョウセンアサガオ属
以前は、草本も木本も一緒にダツラ属(チョウセンアサガオ属)Datura に分類されていましたが、木本は別属のブルグマンシア属(キダチチョウセンアサガオ属)Brugmansia に移行されています。 観賞用として栽培されていますが有毒であることには変わりありません。別名の総称エンジェルス・トランペット。

キダチチョウセンアサガオ Brugmansia suaveolens (画像・右上)は、中南米原産で、花は長さ30〜50cmあり、垂れ下がり咲きます。 花の色は、初め淡黄色で、後に淡紅色へと変化します。ガクの先端は浅く4〜5裂します。やや耐寒性があり、屋外での植栽が行われています。
和名の良く似たコダチチョウセンアサガオ Brugmansia x candida (画像・右)は、耐寒性はないようで、温室内での植栽を多く見受けます。 丈は3mになり、ガクの先端は、深く2〜3裂するので、キダチ〜と区別できます。

撮影:東京都薬用植物園、他 2002.07.Re-2012.11.Re
このページのトップへ