ウツボグサ  シソ科

ウツボグサ 生薬名:カゴソウ (夏枯草) 用途:民間薬

ウツボグサは、東アジアの温帯地域に分布する多年生の草本です。 名前は、花穂の形が矢の入れ物である靱(うつぼ)に似ているとして靱草(または靫草、空穂草)と付けられました。 花が終わるとすぐに結実して、花穂が茶色に変色するので枯れたようになります。 この様子から夏枯草(かごそう)の生薬名があり、この時期の褐色になり始めの花穂を民間薬として利用します。 摘み取り、陽に干して乾燥させた夏枯草は、利尿、消炎作用があり、浮腫、腎臓炎、膀胱炎などに煎じて用いました。

種小名ウルガリス vulgaris は、一般的に・普通に という意味です。vulgaris subsp. asiatica も、日本全国の陽当たりのよい草地などに自生しています。 草丈は 30cmほど、葉は対生、全草に白い毛が密生します。花期は 6月〜7月頃、茎頂に穂状花序をつけ紫色の唇形花をつぎつぎと咲かせます。 8月には花穂は茶色くなります。地面に接した基部から走出枝が出て、その先端に苗を作るので、植生は群生する傾向があります。

タイリンウツボグサ 撮影・東京都薬用植物園
Prunella grandiflora Jacq.
ヨーロッパには ウツボグサの近縁種 セイヨウウツボグサ Prunella vulgaris subsp. vulgaris や 花の大きなタイリンウツボグサがあります。 やはり民間薬として、胃腸病などに用いました。

2004.08.New-2013.02.Re
ウツボグサ  撮影・東京都薬用植物園
Prunella vulgaris subsp. asiatica syn. Prunella vulgaris L. var. lilacina Nakai
このページのトップへ