ヘクソカズラ ( 屁糞蔓 ) または ヤイトバナ ( 灸花 ) (アカネ科

ヘクソカズラ 生薬名:未設定 用途:民間薬

この植物のもっとも分かり易い特徴は、全草にある悪臭で、万葉集の中には、クソカズラ ※1 の名前で詠まれた歌もあります。 時代が過ぎると、「屁」が上乗せされヘクソカズラと呼ばれました。 少々気の毒な名前でしたが、すっかり定着しているものを、品のない可哀そうな名前だからと標準和名の変更 ※2 を希望した人がいたようです。 いつの間にか、「 ヤイトバナ 」の呼称を多く見るようになっていました。 新しい?標準和名の由来は、花をふせた形をお灸のもぐさに、 花の内側の赤紫色をその火に見たてたことからきています。

※1 p莢(そうきょう)に延(は)ひおほどれる屎葛(くそかずら)絶ゆることなく宮仕(みやづかえ)せむ  高宮王
--- p莢にまといついたクソカズラのように、絶えることなく宮仕をしよう --- 酒宴の座興で、p莢、屎葛、官仕の3語を示されて詠んだものといわれる。 p莢(そうきょう/さいかち)とは、サイカチかジャケツイバラとみられ、いずれもマメ科で太くて鋭いトゲをもつ。

※2 標準和名の変更 : 標準和名は、学界などで慣習的に用いられるもの。学界などの総意で変更することはある。

ヘクソカズラは、低地の林縁などに自生するつる性の多年草で、葉や茎を揉むと、硫化化合物系の特徴ある臭いがします。 茎には軟毛があって、学名の scandens (よじのぼる)そのままにいたるところに絡みつきよじ登ります。葉は対生し、楕円形で葉柄があり、基部は心形になることもあります。 花期は 7〜9月ごろ、葉腋から柄を伸ばし長さ1cm程の筒状の花を房状につけます。花冠の外側は白色、内側はヤイトバナの由来となった赤紫色をしています。 先端は5裂して開平し、白い綿毛が奥までついています。雄しべは5本、花糸が短かいため花冠の内側にとどまりますが、2本の長い花柱は、外まで伸びだします。

果実は初め緑色から、熟すと艶のある黄褐色の球形になり、2個の種子が入ります。 全草にある悪臭の素※3は、食害を防ぐための昆虫の忌避物質になっていて、果実にもその成分が含まれます。 果汁を、民間薬の領域で、しもやけやあかぎれなどに利用しました。”治療”にあたっては、悪臭に対して、多少の我慢が要求されたことでしょう。 12月には葉が枯れ落ちて、実が良く見えるようになります。ところが、小鳥たちの食料が少なくなる真冬になっても、実が残されていることがあります。 ヘクソカズラは昆虫だけでなく、小鳥たちも苦手※4なようです。

※3 悪臭の素 : 細胞中に硫黄化合物ペテロシドを持ち、昆虫に食害されるなどして細胞が傷つけられると、分解して揮発性のメルカプタンを生じる。 このメルカプタンが特徴ある臭気の素。
※4 苦手 : 理由は、(1)栄養価がない、(2)昆虫忌避物資などが小鳥にも多少の毒性があるなどが考えられる。

ヘクソカズラには、他にも別名があり、花には悪臭がなく可愛い姿からサオトメバナ(早乙女花)とも呼ばれていました。 こちらは、花を早乙女笠に見立てたともいわれ、ヘクソカズラと対極にある別名です。また、子供が鼻の頭に花を乗せる遊びから、天狗花という別名もあります。

2005.08.New-2013.01.Re
ヘクソカズラ (ヤイトバナ) Paederia scandens Merrill var. mairei Hara 撮影・東京都
このページのトップへ