ドクダミ  ドクダミ科

ドクダミ 生薬名:ジュウヤク [ 局 ] 用途:漢方薬・民間薬

ドクダミの名前は「毒痛み」や「毒を矯める」などの毒を制するといった意味合いの言葉からきたとされています。 いわゆる雑草の類で、繁殖力も旺盛なため、ほとんど植栽や鑑賞の対象にはされずにきました。 わずかに八重咲き種や斑入り種が栽培される程度でしたが、簡単に手に入り効能もあることから、民間薬として広く利用されてきました。

ドクダミは、半日陰の湿った場所を好み、種子だけでなく地下茎でも広がり繁殖します。草丈は40cm程度、葉は、まばらに互生し、心臓形で周囲を暗紫色で縁取りされます。 花期は6〜7月で、4枚の白い花弁に見えるものは、苞にあたります。 実際の花は、沢山の小花からなる穂状花序で、小花に花弁はなく、3本の雄しべと、1本の雌しべから成り立ちます。 花糸は白く、葯は黄色、子房は緑色で先が3つに分かれ、それぞれに白いひも状の柱頭がつきます。

 苞とは、複数の花を包み守る花の直下の葉のこと。普通の葉と異なった色や形のものが多い。 また、ドクダミの場合、苞は4枚であるが、ヤエノドクダミは数段の苞がある。
ヤエノドクダミ Houttuynia cordara forma plena  ゴシキドクダミ Houttuynia cordara forma varie

ドクダミには、ペニシリンに匹敵する抗菌力がある成分デカノイルアセトアルデヒドや、利尿・抗菌・毛細血管の強化に効果のある成分クエルシトリンなどが含まれています。 特徴ある臭気の元は、デカノイルアセトアルデヒドで、乾燥させると酸化や揮発をして、生の葉のような臭いはなくなりますが、同時に抗菌力もなくなってしまいます。 そこで、化膿止めや湿疹かぶれなど、抗菌力が必要な場合には、生の葉を揉んで貼るなどして使用します。
一方のクエルシトリンは、乾燥しても残ります。同成分は、花期の地上部で最も充実するため、刈り取りは6〜7月に行います。 乾燥させたものを生薬名ジュウヤクといい、煎じて飲用すると利尿や便通の改善などに効果があります。血管を強くする点から、動脈硬化の予防になるともいわれています。
ジュウヤク(十薬)の名称由来は、十の薬効がある薬という説や、苞が十字になっているからという説などがあります。

2002.08.New-2012.09.Re

ドクダミ 撮影・東京都薬用植物
Houttuynia cordara Thunberg 
ヤエノドクダミの苞の一部が緑化することもあります。
白い苞が、葉の変形したものということが理解できます。
このページのトップへ