ヒトリシズカ(一人静) センリョウ科チャラン属
キビヒトリシズカ(吉備一人静)

清楚なたたずまいを静御前が舞う姿にたとえてヒトリシズカと名づけられました。 別名 ヨシノシズカ(吉野静)は同じ由来から。 他に、花の形を化粧道具のハケにたとえてマユハケソウという別名もあります。
咲き始めの姿は、大輪の花にはない魅力があります。

ヒトリシズカ(一人静)は、ほぼ全国の林床に自生する多年草です。 3月終わりから4月にかけて地下茎から草丈10〜20cm程の茎を立ち上げます。 茎は叢生し、ふつう赤褐色※1で分岐することはなく、茎の上部に対生する2組の葉をつけます。 この葉は、節間が短いため、4枚の葉が輪生しているように見えます。葉には光沢があり、縁には細かい鋸歯があります。色は初め暗紫色から赤褐色をしていて、やがて暗緑色に変わります。

※1 茎が緑色の個体もあります。

花期は4月ころ、葉も茎も伸びきる前に、茎の先端に "ヒトリ"シズカ の命名由来ともなった1本の穂状花序をつけます。
ヒトリシズカ Chloranthus japonicus Sieb.撮影・青梅市、他
 
ヒトリシズカに花弁はなく、花弁に見える白い糸状のものは花糸です。 小花は、ひとつの雌しべと3本の雄しべ※2から構成され、花糸は基部で合着し、子房の外縁部付近につきます。 葯は黄色、3本の花糸のうち中央を除く外側の2本の基部付近につきます。

果実は3mmほどの大きさで、淡緑色の球形をしています。

※2 花糸は3本あるが、葯がついているのは2本だけなので、雄しべ2本と仮雄蕊(かりゆうずい)1本とすべきかもしれない。
葯は、下向きにつく 4月下旬の若い果実。葉は緑色に 三つ子?のヒトリシズカ


キビヒトリシズカは岡山県、九州北部などの林床に自生する多年草です。葉は輪生状につきますが、対生であることはヒトリシズカよりも分かり易くなります。 草丈は20〜30cm、花期は4月〜5月で、ヒトリシズカより少し遅く、葉が展開してから開花します。開花時の葉に艶はなく、やや暗い緑色をしています。
つぼみ(花の開きめ)の時期は、花糸が淡い緑色をして、開花にともない白く変り広がります。 花糸の長さは約10mm、基部で3個が合着します。 葯は中央の花糸に2個、両側の花糸には各1個の計4個が、いずれも基部付近つき、外からは見えにくくなっています。 ヒトリシズカと異なり、雌しべは苞に包まれて、花期には外から見えないようになっています。

栄養状態がよければ、葉腋からさらに花茎をたて、遅い花を咲かせることもあります。

2004.04.New-2013.01.Re
キビヒトリシズカ Chloranthus fortunei Solms-Laub.絶滅危惧II類(VU) 撮影・東京都、植栽品
ヒトリシズカの仲間 チャラン属の続き フタリシズカ
このページのトップへ