ホウノキ  モクレン科

ホウノキ 生薬名:コウボク(厚朴) [ 局 ] 用途:漢方薬

ホウノキは、樹高30m、直径1mになる落葉高木です。 材質が堅いことでも知られ、下駄の歯(朴歯下駄)などに利用されています。
葉は、倒卵楕円形( 種小名の ovibata は、卵円形の意味 )で大きく、長さ30〜40cmになります。また、互生ですが、枝先に輪生のようにまとまってつきます( オウヨウコウボク画像参照 )。 花は、がく片と花弁の区別がはっきりしませんが、在来のものとしては最も大きいもののひとつです。 枝先につき、白色または淡い黄色をしていて、5〜6月ごろに開花します。果実は袋果で、たくさんの種子をつけます。

大きな葉は、弱い殺菌効果があり、食材をのせたり、包むことに利用されています。また、火にも強いため、朴葉味噌のような料理の材料としても使用されています。

薬用とするのは樹皮で、生薬名は樹皮が厚いということからコウボク(厚朴、朴=木の皮)。鎮痛、鎮痙の効果があり、漢方では、収斂、利尿などを目的として処方されます。

 ホウノキ :一般的には、ホオノキとも表示するが、日本薬局方のホウノキという表記を使用した。
ホウノキ 朴の木 Magnolia ovibata Thunb. 撮影地・つくば実験植物園
オウヨウコウボクの変種名 biloba は、2裂したの意味で、葉の先端がへこんでいることを表わしています。
オウヨウコウボク 凹葉厚朴 撮影地・東京都薬用植物園
Magnolia officinalis Rehder et Wilson var. biloba Rehder et Wilson
このページのトップへ