フタリシズカ / チャラン / タイワンフタリシズカ (センリョウ科)
--- センリョウ科チャラン属の続き ---
属名を ヒトリシズカ属から チャラン属に書き換え 2009.04.
フタリシズカ は北海道から九州の山林に自生する多年草です。 草丈は、30〜60cm。葉は茎の上部に対生し2〜3組を十字状につけます。輪生のように見えるヒトリシズカと異なり、やや離れてつくので対生であることが分かります。 葉身は 15cmほどになり、全体に無毛で表面に光沢はなく、鋸歯は浅く先端は尖ります。

茎は分岐せずに直立し、茎頂に複数の穂状花序をつけます。花序が1本のヒトリシズカに対して、ふつう2〜5本であるところから、フタリシズカと命名されたとみられています。 花期はやや遅く、ヒトリシズカよりの花が終わる頃 ※1に咲き始めます。 花序にまばらについている白い米粒状のものは、子房を内側に囲んで隙間なく並んだ3本の雄しべです。この花糸がブラシ状に伸びることはないため、大きな変化のない地味な開花になります。 葯は3本のうち、外側の花糸に各1個、中央の花糸には2個の計4個ついています。位置が花糸の雌しべ側にあるため、雌しべ同様、外側からは確認することができません。

果実はヒトリシズカと同様に目立たない濃緑色の卵形をしています。

※1 ヒトリシズカの花期 3〜4月

参照 : ヒトリシズカ / キビヒトリシズカ

フタリシズカ 東京都薬用植物園
Chloranthus serratus Roem.et Schult.


チャラン Chloranthus spicatus Makino
 撮影;東京都薬用植物園
チャラン属の属名となっている チャランは、常緑の小低木で、株立ちして高さ50cm程度になります。 葉は、チャ(茶)※2に似ます。
茎頂に多数に分岐する穂状花序をつけ、小花には芳香があります。小花の形状はフタリシズカと同様に、雄しべ3本が雌しべを囲みます。 日本では鑑賞用に栽培されますが、自生地では香りを楽しむために栽培するとのことです。

中国南部の原産であることから寒さには弱く※3、寒冷地に限らず、冬季は室内においての管理が適当です。

※2: チャ(茶) ツバキ科ツバキ属
  Camellia sinensis (L.) O. Kuntze

※3: 栽培適温 20〜25度C、耐寒温度 5度C以上

2004.05.-2013.01.Re



タイワンフタリシズカ Chloranthus oldhamii つくば実験植物園 2012.03.17
タイワンフタリシズカの花糸は、フタリシズカのように子房を囲むことはなく、ややヒトリシズカのように伸ばしています。 穂状花序は、直立しないで、分岐後に垂れ下がります。
分布:沖縄を除く
日本、台湾

2012.04.New
このページのトップへ