ニッケイ  クスノキ科

ニッケイの仲間は、独特の強い香りを持ち、漢方薬で処方される他に、食品としても シナモン cinnamon などの名称で流通・使用されています。 クスノキ科の特徴である3本の葉脈が目立ち(三行脈:さんこうみゃく)、革質の葉をしています。
ケイ(シナニッケイ) 生薬名:桂皮(ケイヒ) [ 局 ] 用途:漢方薬・食品
中国やベトナム産の ケイ(別名 シナニッケイ、トンキンニッケイ) Cinnamomum cassia Blume の葉は長楕円形から広披針形をしていて、長さ25〜30cm、巾10cm程度と大きいものになります。 生薬 ケイヒ(桂皮)は、このケイを基原とし、はぎとった樹皮を使用します。 漢方では、芳香性健胃薬として、また発汗、解熱、鎮痛などの効能があることから、風邪薬や強壮薬、婦人薬など多くの処方に配合されています。
中国では若い枝をケイシ(桂枝)として、ケイヒ(桂皮)とは別の扱いとすることもあります。 日本では、この分類はほとんどなく、漢方処方で「桂枝」となっていても桂皮を使用することが多いようです。
他に、樹皮・小枝・葉からも精油をとり、ケイヒ油 [ 局 ]とします。 ケイヒ油の原料には、セイロンニッケイの樹皮も利用されます。
 [ 第十六改正日本薬局方 ]抜粋
ケイヒ油 : Cinnamomum cassia の葉と小枝、樹皮、又は Cinnamomum zeylanicum の樹皮を水蒸気蒸留して得た精油
ケイ(シナニッケイ) Cinnamomum cassia Blume 撮影地・東京都薬用植物園

セイロンニッケイジャワニッケイニッケイ 食品
食品としての利用は、前述のケイの他にセイロンニッケイジャワニッケイが使われています。 日本ではまとめてシナモンとしていますが、中でもケイヒ油の原料にもなるセイロンニッケイが、最も良質として評価が高いようです。 他のニッケイに比べると葉の形は丸い卵形で、長さは15cm程度になります。若い葉は赤くなって目立ちます。
 セイロンニッケイ Cinnamomum zeylanicum Nees シノニム Cinnamomum verum
ジャワニッケイの葉は、4種の中では最も小さく、長さ10cm、巾は4cm程度になります。 どちらもケイヒ代用になるとされていますが、日本薬局方では認められていません。
ジャワケイヒ Cinnamomum burmanii Blume
日本産のニッケイ ( 肉桂 ) も、葉を切ると、ほのかにニッキの香りがします。 ニッキ飴などのニッキという呼び名は、ニッケイからきたものです。
樹皮ではなく根皮を使用し、以前は、切り取った根皮をニホンケイヒとして薬用や食品としました。また、本来は利用できない細根も、「シバニッキ」の名前で駄菓子屋などで販売していました。 現在では、輸入のシナモンに取って代わられ、わずかに生産されるだけになっています。

沖縄自生の Cinnamomum okinawaense をシノニムとする説もあります。

2012.09.Re
ニッケイ Cinnamomum sieboldii Meisn.
このページのトップへ