コショウ  インドナガコショウ  コショウ科

コショウ(胡椒) 生薬名:コショウ 用途:香辛料など

インド原産のコショウは、香辛料貿易の盛んだった時代には、交易品の重要な位置を占めていました。 現在では、熱帯地域で広く栽培されており、世界で最も一般的な香辛料といえます。
コショウの名前は、中国では西域の「胡」から伝わった「椒」すなわち辛いものの意味で「胡椒」。その音読みが、そのまま和名となりました。

つる性の木本で、常緑、他の木に絡まり、長さは10mを越えます。葉は互生し、卵形で先が尖ります。 互生の葉がつく反対側に、黄緑色の穂状花序に小さな白い花をつけます。野生種は雌雄異株でしたが、栽培品種は両性花になっています。果実は球形のものが房状になり、初め緑色、熟すと赤くなります。

黒コショウは、未熟な果実を採取し乾燥したものです。辛味の成分は果皮に多く含まれているため、強い辛味があります。白コショウは、 完熟した果実の果皮を取り除いたもので、こちらは強い香りがあります。 収穫の時期によって黒コショウになったり白コショウになったりします。生産者は、コショウ価格の相場をみながら採集の時期を判断するとか。

主に香辛料として使用します。辛味成分が、胃粘膜を刺激して食欲を増進させ、胃腸を暖める働きがあります。
コショウ Piper nigrum L. 撮影・板橋熱帯環境植物館、他
ピンクペッパー 赤熟したコショウの果実と、黒コショウ
黒コショウと白コショウの他に、ピンク・ペッパーといわれる香辛料があります。 料理の彩りや香り付けのために使用され、コショウのような名前ですが、ウルシ科のコショウボクの実※1です。 香りはありますが、辛味はありません。

※1 他の植物の実をピンクペッパーということもあります。

インドナガコショウ(ヒハツ) 用途:香辛料など

インド原産のインドナガコショウ 別名 ヒハツ※2 もコショウと同様につる性の木本です。 果実(ひとつずつは小さいので穂のまま)を香辛料として使用します。また辛味性の健胃剤として利用することもあります。
ヒハツの文字は、ヒ(畢に草冠)撥。

※2 島胡椒・ピィパーズ
ヒハツの名称については、ジャワ・スマトラ原産のジャワナガコショウ Piper retrofractum 別名ヒハツモドキをヒハツとすることもあり、やや混同がみられます。 ジャワナガコショウは、日本では沖縄でピィパーズなどの名前で栽培され、果実や葉を香辛料として使用しています。 ピィパーズ→ヒハツという見方もありますが、ここでは、和名とその別名ということで掲載しました。


2012.09.New
インドナガコショウ Piper longum L.撮影・昭和薬科大学薬用植物園
このページのトップへ